一日100本の抜け毛は薄毛のサイン?正しいシャンプーで対策しよう!

usuge_shampoo00頭皮の健康状態を完璧に保っている人でも
一日生活する中で、必ず髪の毛は抜けてしまいます。

頭皮が健康で、しっかりと髪の毛が育っていれば
引っ張ったって簡単には抜けません。

スポンサーリンク

 

基本的に、髪が抜けるときというのは
髪や頭皮に負荷がかかったとき。

=外部からの刺激、摩擦が加わったときです。

 

朝起きて枕に毛が落ちているのは
寝返りのときに頭と枕に摩擦が起きるため。

ドライヤーのときに髪が抜けるのは
温風による刺激と手グシによる摩擦のため。

髪をセットするとき髪が抜けるのは
ワックスを髪に揉み込んだり、指で色々いじるため。

頭をポリポリかいたときに髪が抜けるのは
爪や指が頭皮にあたることで、摩擦がおきるため。

シャンプーのときに髪が抜けるのは
指先が頭皮に当たることで、摩擦がおきるため。

 

一日を簡単に振り返ってみましたが
髪の毛が抜ける機会というのは沢山あります。

 

正常な人でも一日50本は抜けると言われていますが
50本を超えるとどうなるかというと…

 

ハゲます!!

 

非常に残念なお知らせなんですけども
これは真実です。

一日100本は薄毛のサイン!

007これは僕の場合なんですが、
セットをしたときやシャンプーをしたとき
特に抜け毛が多いです。

特にシャンプーのとき。

1回で20〜30本くらい抜けてました。

二度洗いの習慣を10年近く続けていたのですが
30歳を過ぎた頃から、抜ける毛の量がグッと増えてます。

 

このまま二度洗いをすると
シャンプーだけで30本x2回=60本ずつ
一日に抜けていくことになります。

※頭皮がかゆいのは当たり前?シャンプーの二度洗いがダメな理由>>

 

となると、他の要因が組み合わされば
一日100本どころではないということです。

 

一日50本程度の抜け毛であれば
発毛サイクルは正常に保たれるので
髪の毛の量はキープできるのですが、

一日100本抜けるとなると

 

抜ける量>生えてくる量

 

というバランスになるので、
一気にハゲないものの、10年20年かけて
髪の毛の量は、ゆるやかな右肩下がりになっていきます。

スポンサーリンク

 

シャンプーを改善せよ!!

sham_000一日の中で頭皮に一番刺激を与える行為は
シャンプーです。

シャンプーの時の抜け毛を減らすことは

生えてくる量>抜ける量

という、正常な発毛サイクルを取り戻すのに必要不可欠です。

 

指の腹を使って頭皮を優しく洗う
という鉄板の洗い方でさえ、もはや間違い。

 

どんだけゆっくり・やさしい洗い方であっても

摩擦が起きてしまいます。

 

シャンプーで一番大事なことは、
髪の毛を洗うことではなく、頭皮を動かすこと。

 

頭皮を動かすことで、血行不足が解消し
あたまの隅々まで栄養が行き渡るようになります。

摩擦を加えないことで
これから生えてくる毛(新生毛)を守ることできます。

         2/4 次のページ

“髪の悩み”の人気記事

スポンサーリンク

コメントする

*