10代の薄毛はスマホが原因?若ハゲ改善するための生活習慣とは

vdt00

20代30代で早くも薄毛が完成してしまう若ハゲ

年齢に不相応なハゲ方をしていると
冷ややかな目でみられるこの日本社会、
できるだけ長くフサフサなまま過ごしたいですよね。

スポンサーリンク

 

しかし、テクノロジーが急速に発達する現代
10代の若ハゲ予備軍の数も増えています。

2013年頃から、
ガラケーからスマートフォンに変わったことで
若い世代でも一人一台端末を持つようになりました。

 

10dai_hage02僕が初めてPHSを買ってもらったのが2000年。
モノクロの画面で、カラーがようやく出てた頃。

今では小学生でも持ってますからね。
アプリで遊んだり、youtubeで動画見たり
LINEでメッセージ送ったり、なんやかんや

ここ十数年の間で、スーパー便利になりました。

でも!

このスマートフォンの存在が、
若ハゲ予備軍を増やす原因にもなっているのです。

信じるか信じないかはあなた次第ですが
寝る前までスマホをイジってる方は最後まで
読み進めてくださいませm(__)m

長時間スマホを使ってるとハゲる?

shashi00スマホを操作しているとき
4〜5インチの小さな画面に
2つの眼球が支配されます。

 

スマホの画面に使われてるパネルは
明るいLEDが光源に使われていて

ブルーライトと呼ばれる、有害な光を
長時間注視し続けることになります。

 

眼球はみるみるうちに疲労していき
身体はスマホを使ってる間ストレスを受け続けます。

ストレス解消のつもりで
スマホでゲームをしたり、動画を見たりすることは、

逆にストレスを与え続けることになるのです。

10dai_hage01寝落ちするまでスマホをイジってる人は
眠りの質も非常に悪いです。

長い時間寝ても疲れが取れてなかったり
目が乾燥して、ゴロゴロしたり

身体にとっていいことが一つもありません。

 

長時間スマホ画面を見続けることで

目がかすんで視力が低下したり
首がガチガチに凝ってしまったり
頭痛がしたり、吐き気がしたり

色々な不具合が身体に起きてしまいます。

 

目の周辺や首がガチガチになると
血流不足になってるサイン。

頭皮に運ばれる栄養(髪の成長に必要な)が
少なくなるので、髪の毛が枯れいく原因にもなります。

スポンサーリンク

 

眼視疲労を甘くみない

megane00眼精疲労を回復させるとき、
システインというアミノ酸が消費されます。

髪の毛の成長に使われるはずの栄養が
眼精疲労の回復に供給されることが続けば
後回しになった髪の毛は、自然と消えていく
ということになります。

 

スマホに没頭する今の10代が大人になったとき

若ハゲの割合は、今よりもグッと上がったものになるでしょう。

毎日のコツコツした積み重ねで薄毛は進行します。

 

若ハゲを予防・改善するためには、
毎日使ってるスマホの使用習慣を見直すことがポイントです。

  • スマホを使用する時間を管理する
  • 眼球をこまめに休ませる

ルールを設けて、その範囲内で使用する習慣が
将来の自分の髪の毛を守るカギとなります(^^)

       >       

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントする

*