今流行りのツーブロックヘアのデメリットと解決方法【メンズ髪型】

demerit03ツーブロックで刈り上げるヘアスタイルは
幅広い年齢層で人気の髪型です。

  • 爽やか
  • 清潔感がある
  • おしゃれ

カジュアルからフォーマルまで対応できる
万能な髪型なので
スーツで働くビジネスマンにも増えています。

スポンサーリンク

 

モッタリしがちな耳周りや襟足部分を
短く刈り上げるだけで、ガラリと印象を変えてくれます。

が、しかし
流行っているが故に確認しておきたいのが
この髪型のデメリット。

 

これからツーブロックにしようかなーという人は
ぜひ事前にチェックしておくことをオススメします。

 

ツーブロックのデメリットとは?

通常、メンズの髪型のほとんどは
短い部分から長い部分にかけて
ゆるやかに長さが変わっていくものですが

ツーブロックは、
短く刈り上げてる部分と長い部分の繋ぎ目が
バキッと分かれているため、奇抜な印象になりがちです。

demerit01

モヒカン的な要素を含んでいるため
刈り上げる面積が多すぎると
ヘビメタバンドのミュージシャンや
不良・ヤンキーのイメージっぽくなります。

 

ツーブロックが流行っているのは
おしゃれ>奇抜というバランスでこその話。

 

おしゃれ<奇抜
に見えるほどのエグい刈り上げをしてしまうと

こちらがどんだけツーブロックですと主張しようと
他の人から見ればモヒカンになってしまいます。

 

また
何ミリで刈り上げるか、というのも重要です。

高校球児のような地肌剥き出しの3mm以下だと
エグさが倍増してしまいますので

短すぎず、長すぎず。

 

1cmを超えると刈り上げとしては長い部類になり
ツーブロックの持ち味である”爽やかさ”が活かせません。

>>自分でツーブロックするときのバリカンの長さは◯◯mmがベスト

 

biz02ツーブロックの髪型は
切りたてのその瞬間が一番新鮮で
かっこ良くセットできますが

刈り上げ部分が伸びてしまうと
とたんに清潔感がなくなってしまいます。

 

刈り上げ部分は短期間で伸びた印象になるので
爽やかな髪型を維持するためには、
頻繁に美容室へカットしにいく必要があります。

 

demerit00おしゃれな髪型なのに
日が経つにつれて鮮度が落ちて、
一ヶ月もしないうちに、またカットに行く手間たるや。

 

2週間くらいで伸びた感じが気になり始め
3週間もすれば切りたい衝動に駆られます。

1ヶ月も経つと、
刈り上げ部分のモッサリ感にうんざりします。

 

毎月1回でよかった美容室が
3週間に1回通うようになると
12回→17回になってしまいます。

 

カットにかかるお金が4000円だとすると

12回で48000円
17回で68000円

20000円もの差が生まれてしまいます。

 

維持するのにお金がかる、というのは
ツーブロックヘアの大きなデメリットだと言えます。

スポンサーリンク

ツーブロックのデメリットを解決するには

ツーブロックの最大のネックである
コストパフォーマンスを改善し
逆に【コスパのいい髪型】に変える方法があります。

 

それは、自分で散髪すること。

selfcut_matome01刈り上げ部分は、バリカンを使うことで
均一に揃えることができます。

 

高校球児が、バリカンを使って
自分で自分の頭を丸めるのと同じ感覚で

伸びたなー
さっぱりしたいなー

と感じたタイミングで
ガリガリとバリカンをいれるだけ。

 

barikan_hair00刈り上げ部分さえ短く維持できれば
ツーブロックヘアは成立します。

刈り上げ以外の部分が伸びると
セットもしづらくなるので

そのタイミングで美容室に通えば
17回通わなければいけなかったのが
3ヶ月に1度くらいに減らすことができます。

 

髪の毛を切ると言っても
刈り上げ部分だけを切るので
大きく髪型が崩れる心配もありません。

 

バリカンでメンテナンスするようになると
刈り上げ部分を切ってもらうためだけに
毎月美容室に行くのがバカらしくなってきます。

まとめ

  • 刈り上げ部分はすぐに伸びるてしまう
  • ツーブロックをまともに維持しようとするとコスパが悪い
  • バリカンを使うことで自分でメンテナンスできる
  • 節約効果がハンパじゃない。

 

        2/4 次のページ

ヘアスタイルの人気記事TOP10

スポンサーリンク

コメントする

*