ツーブロック(後ろ)で失敗しない切り方!セルフで刈り上げるときのポイント

back03ビジネスにもカジュアルにも対応できる
ツーブロックのヘアスタイル。

短く刈り上げるタイプのツーブロックだと
刈り上げ部分の賞味期限は3週間ほど。

 

切りたての6mmくらいの長さは爽やかで
セットしたときの決まり具合いもしっくりきますが

刈り上げ部分が伸びてくると
どことなくモッタリとした感じで
耳周りや襟足部分がうっとうしくなります。

スポンサーリンク

 

バリカンを使いこなすことができれば
髪の毛のカット代を大幅に節約することができるので

セルフカットでメンテナンスする人も増えていますが

やっぱり始めてセルフカットしようとする人は
二の足を踏んでしまうようです。

だって後ろ見えないじゃん!って。

 

耳周りやサイドの部分は、肉眼で目視しながら
切ることができるので安心感がありますが

後頭部は直接目で見ることができません。

 

手鏡で反射させたり、三面鏡だと見えますが
鏡を見ながらの操作は難しいです。

手がイメージしてる方向とアベコベに動くので
微妙な角度を調整するのが超ムズく感じます。

が、そんなことで諦めるのは非常にモッタイナイんです。

スポンサーリンク

後ろの部分を切るときのポイント

fat03直視できない部分をバリカンで刈るというのは
難易度が高そうですが、実はそうでもありません。

鏡を2つ使えば、反射させて確認できますが
その反射の映像を頼りに手を動かすと
イメージ通りに動かせないので、失敗します。

バリカンの方向を確認してるうちに
「ゾリ…」なんてことも…。

 

バリカンは、なぞった部分だけ短く切れる道具です。

 

失敗せず、確実にセルフカットするためには

①刈る面積をきちんとブロッキングしておき

②境界線に指を添えてバリカンを襟足→指まで動かす。

 

このとき、鏡を見ずに目線は下げることで
後頭部が真っ直ぐにのび刈りやすくなります。

ひと通りバリカンでなぞったら
刈り残した部分を鏡でチェックし〜を繰り返して整えます。

 

バリカン操作中、鏡を見ないことで
予期せぬアクシデントを防ぐことができますし

手で境界線をブロックしてるので
変な所まで刈り上げることもありません。

セルフカットを身に付ければ、素敵な未来が待ってる!?

bouzu04セルフカットでメンテナンスできるようになると
かなり素敵な未来が待っています(^^)

僕の場合ですが、
かれこれ5年位ツーブロック+パーマの髪型
美容室に通うのは年に3回ほど。

それも、カットは一切しません。

 

刈り上げ部分は3週間おきにバリカンで。

トップの部分(パーマの部分)は月イチ程度で
すきバサミを使ってボリューム調整し

髪が伸びてきてパーマがとれてきたら
美容室に行って巻いてもらう

というサイクルで過ごしています。

 

毎月4000-5000円かかっていた美容室代は
1/4ほどになっています。

年間ベースでいくと5万弱の節約
x5年間かつ現在進行形で、今後も継続します。

 

しかも、
3週間に1回はバリカンを入れてるので
セルフカットの技術が年々向上しています。

最初はバリカン部分んだけでしたが
慣れてくるうちに 『上の部分も切っちゃおう』
ということになり、
切れ味の良いハサミをAmazonで買いました。

 

  • 自分の好きなタイミングで切れる
  • 短い刈り上げをキープすることができる
  • セルフカットの技術は回数ごとに向上する
  • 節約効果がめちゃくちゃ高い

 

ザッと上げても、これくらいメリットがあります。

『後ろが見えないから…』ということで
やらないのは非常にもったいないですよ!

        2/4 次のページ

このカテゴリの人気記事TOP10

スポンサーリンク

コメントする

*