就活や企業面接でもOKなツーブロックの条件とは?爽やかだけじゃダメ

mensetsu00

中学高校の校則から開放された大学生。

4年生になるころには、人生の進路を決める
就職活動が待ち受けています。

スポンサーリンク

茶髪に染めたり、メッシュを入れたり
パーマでクルクルにしたり
ロン毛にしてみたり

就職活動を始めた大学生は
色々自由にできた3年間と違い

風紀検査に合格するかのごとく
普通の髪型にすることを余儀なくされます。

 

自由だった分、このギャップは辛いですよね org

 

髪型を自由にできるというのは、
生まれてから社会にでるまでの間

大学生活の実質3年間しかありません。

 

その名残りがあるため、就活中でも
できるだけおしゃれな髪型で過ごしたいものです。

ここ数年のメンズヘアのブームは
ショートがベースになっており

shukatsu00サイドや襟足をガッツリ刈り上げた
ツーブロックがベースの髪型が大流行しています。

短く刈り上げている髪型なので
爽やか・清潔感を長く保つことができます。

しかし
世間では “若者の髪型”という認識なので
ツーブロックに対して、そこまでポジティブではありません。

fat03長い部分と刈り上げ部分の長さにギャップあるので

モヒカンのような奇抜な印象を与えてしまいます。

40代50代の大先輩方にとってみたら
『ふざけた髪型だなーおい』と思われる可能性大です。

これは 日本の悪い慣習だと思いますが
まー日本の企業に就職しようと考えてるなら
受け入れるしかありません。

スポンサーリンク

就活でOKなツーブロックとは?

24時間就職活動に没頭するわけではありませんよね。

プライベートの時間の方が断然長いわけで

できるだけ自分の好きな髪型、
おしゃれな髪型で過ごしたいものです。

日本に存在する全企業がツーブロックが禁止

ツーブロックで面接に来た奴は100%落選じゃ!

なんて乱暴なルールはどこにもないのです。

mensetsu01だからといって、開き直って
ガッツリ刈り上げたツーブロックだと
面接に通らない可能性は高くなります。

 

面接官はおしゃれさを見ているわけではありません。

髪型で個性を主張する場でもありません。

 

面接でも好印象を与えるような
爽やかで清潔感があって、誠実そうな雰囲気が
出ていればOKなんです。

2blo08もしもツーブロックにするのなら
奇抜さが前面にでないような長さの調整が必要です。

長さのギャップが出るほど
刈り上げ部分の面積が大きなほど

モヒカンのような奇抜な印象を与えてしまいます。

mensetsu03奇抜な印象を与えない程度の長さのギャップ。

一見ツーブロックに見えないような
耳の周囲だけ短く刈り上げる
ステルスツーブロックだと、ぱっと見バレません。

過度なおしゃれはビジネスマナーに反するので
このバランスを徹底し工夫しましょう。

“爽やか”だけじゃダメ!自分の基準で考えるのはNG

2blo00髪型の基準なんて
明確なルールがあるわけじゃないので
全ては自分次第。

職種・業種によっては、
ガッチガチに厳しいところもあるし
逆に全く厳しくないところもあるし

どういう会社に入りたいか、
というところもポイントになります。

 

面接は人と直接対面で会って話をする機会なので

第一印象はスーパー大事。

奇抜な印象を与えてしまうと
どれだけ話の内容が良くても
見た目の印象が強く残ってしまいます。

髪型で損をしないためにも
面接の段階ではツーブロックを控えめに

mensetsu02入社して、その会社の雰囲気に合わせた
髪型をするのがベストです。

仕事で結果をだせば、おしゃれをしても
受け入れられるものです。
※仕事ができる人は、髪型身だしなみもおしゃれ。

       >       

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントする

*