秋の抜け毛を減らす!秋バテを予防できる夏の過ごし方 

akibate00春夏や冬に比べて、秋は抜け毛の量が増える時期。

いつもより抜ける毛の量が増えると、
不安になってしまいますよね。

 

スポンサーリンク

 

髪の毛がフサフサで有り余ってる人は
特に気にすることもありませんが、

毎日鏡の前で
生え際のコンディションをチェックしている
僕にとっては、秋の抜け毛は死活問題。

 

薄毛を克服するべく
シャンプーとか、頭皮マッサージとか
髪にいい食品とか、生活習慣とか
調べている身としては、絶対に乗り切りたい。

 

そもそも【夏バテ】というのは
幼いころから馴染みのあるキーワードですが

秋に抜け毛が増えるのは
【秋バテ】というものがトリガーになっているらしい。

 

てことは、秋バテさえしなければ、
抜け毛の量も抑えられるはずです。

毎年、秋に抜け毛が増えてる人は
知らず知らずのうちに、秋バテになってるかも。

”秋バテ”って何?

akibate01朝晩の気温が下がり、快適に過ごせる秋口
「秋だなー」としみじみ感じる頃ですが
何か体調が優れないことってないですか?

  • ダルさが取れなかったり
  • 寝起きもスッキリ起きれなかったり
  • 疲れやすかったり
  • 食欲がなかったり

これは、夏に溜まった疲れが
ドッと押し寄せてきてるために起こります。

 

夏は屋内と屋外の気温差が激しく
身体は常にストレスを受け続けています。

ストレスが蓄積すると、自律神経が乱れ
身体のコンディションが崩れてきます。

キンキンに冷えたビールやジュースを
ガブガブ飲むことで
内臓にも負担が掛かっています。

 

夏場の暑い暑い1、2ヶ月の
食生活は冷えたものに偏りがち。

冷やし中華・そば・そうめんなど
冷たい麺類ばかり頼りにしてしまいます。

気温が落ち着く秋口にも
その食生活を継続することで、
身体の中はドンドン冷え
内臓の機能を低下させるのです。

 

まとめると、【秋バテ】とは
夏に身体を冷やしまくった結果

自律神経を乱れ&内臓機能低下による
血行不良で体調不良になることです。

外は太陽の光がサンサンと降り注ぎ
出歩くだけで疲れてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

秋の抜け毛を減らす過ごし方

akibate02秋バテを予防せず、快適に過ごすためには
【カラダを冷やし過ぎない】のが全てです。

 

欲望の赴くままに過ごすのは、卒業しましょう。

 

  • クーラーの温度を下げすぎない
  • コーラをがぶ飲みしない
  • アイスを食べ過ぎない

その場しのぎとして
冷たいものは効果絶大ですが
そのツケは必ず秋にやって来ます。

 

体内のコンディションが悪い状態で
質のいい髪の毛は育ちません。

秋バテで体調不良が続けば
カラダの末端にある髪の毛への栄養は
後回しになってしまいます。

 

強い日差しから、
髪や頭皮を守ることも重要です。

肌の日焼け対策は一般的ですが
頭皮も同じように紫外線のダメージを受けるので。

紫外線をカットするヘアスプレーを振ったり
帽子を被って、物理的にUVカットしたり
できることをコツコツとやっていきましょう。

 


夏特有のカラダを冷やす生活から
秋モードに早く以降すること


健康な状態を維持すること


強い紫外線を浴びた頭皮のケアをすること

この3つのポイントを
夏のうちから意識することで
秋バテ、抜け毛を減らしていきましょう!

【次のページ】黒ごまが薄毛を救う!低コスパの食べる育毛剤でハゲ予防しよう>>

       >       

スポンサーリンク

コメントする

*