朝シャンプーがよくない3つの理由!メリットがなさすぎる

018

みなさん、朝シャンしてますか??

眠たい朝の目覚ましには欠かせません。

夜シャンプーしても
寝ている間に頭が脂臭くなってるし、
寝ぐせもついているので
朝はシャンプーで始まるという人も多いです。

スポンサーリンク

 

朝シャンプーという習慣は、
日本人の生活にかなり定着してるものですが

実は、危険がいっぱいだったんです。

まずは、朝シャンのメリットとデメリットを比較してみましょう。

朝シャンのメリット

短い睡眠時間でも目がさめる

前の日、寝る時間が遅くても
朝風呂に入って頭を洗うだけで
なんとかなります。

どんなに眠くても、頭が濡れると目が覚める。

寝ぐせがリセットされる

寝ぐせがひどいと、霧吹きで髪を濡らそうが
水をぶっかけようが、直ってくれません。

シャンプーで洗髪すると、
どんな寝ぐせもリセットしてくれます。

水かけてコチョコチョ直すより
手っ取り早く完全リセットできます。

朝シャンのデメリット

①炎症の原因に

朝という時間帯は、基本忙しいです。

なので、
シャンプーをしてもすすぎが甘くなりがち。
ドライヤーでしかっり乾かす時間もない。

シャンプー剤が頭皮に残ると
炎症を引き起こす原因になります。

※詳しくはこちらで
襟足と後頭部にかゆい湿疹ができた。原因はシャンプーと◯◯?>>

②紫外線からのダメージUP

朝シャンプーすることによって、
頭皮の状態を守るのに必要な皮脂が流れてしまいます。

正に、ノーガード状態。

乾燥や紫外線からのダメージを防いでくれる
バリアがない状態で一日がスタートします。

外を歩いているだけで、頭皮にはダメージが。

③抜け毛が増える

①②でダメージをかかえた頭皮環境では
毛が抜けやすくなります。

乾燥や炎症でダメージを受け続けると
頭皮は血流不足になります。

 

血液には髪の毛の成長に必要な栄養がつまっているのですが

農作物と同じで、
栄養が滞る→枯れる
というサイクルが始まります。

 

本来伸びるはずの髪の毛がやせ細り
少しの刺激で抜けやすくなります。

スポンサーリンク

 

朝は湯シャンにしよう!

朝シャンの一番危険なところは、
必要な皮脂まで摂り過ぎることです。

頭皮を守るための皮脂は
何としても残しとかないといけません。

 

頭皮を守るという意味でも
朝シャン→湯シャンに替えるだけで
かなり変化が出ます。

お湯だけで洗うので
皮脂を余分に摂り過ぎることがありませんし
同時に寝ぐせも直すことができます。

 

抜け毛が増えたなー
頭皮がかゆくなったなー
ブツブツが治らないなー

という人は、
まずは朝シャン習慣を見直してみるのがオススメです(^^)

        2/4 次のページ

このカテゴリの人気記事

スポンサーリンク

コメントする

*