毛穴のつまり&抜け毛予防に最適な”泡シャンプー”のやり方

awasham00

これから夏にむけて暑くなると
汗の量が増えてきますが
この時期気をつけたいのが、頭皮の汚れ。

いつも通りのシャンプーでは
毛穴にたまった皮脂汚れは取れません。

スポンサーリンク

指でシャカシャカこする定番の洗い方だと
皮脂は取れるどころか、逆に
毛穴に汚れを押し込んでしまいます。

 

毛穴に皮脂汚れが詰まると
その汚れを媒体にカビが繁殖します。

頭皮臭を発したり
ニキビのような湿疹や炎症がおき

最終的には
髪の毛が抜けてしまう原因になってしまいます。

※参照記事※
シャンプーは洗髪ではない?本来の意味と正しい頭の洗い方まとめ>>

頭皮環境を清潔に保つために
毎日のシャンプーは絶対に欠かせませんが
頭皮にとってベストな洗い方でなければ
全く意味がありません。

力任せに指先でシャカシャカやってる
という方は、この記事で紹介する
シャンプー”をぜひ取り入れてみてください。

 

頭皮を泡でやさしく洗う! 泡シャンプーのやり方

awasham02洗顔のときはたっぷりと泡を立てて
手のひらで優しく洗うのに

シャンプーするときは、なぜか
指先でシャカシャカこするように洗っています。

 

顔面と頭皮は同じ一枚の皮で繋がっています。

頭皮の洗い方と顔の洗い方は同じ。

顔面を指先でシャカシャカ洗わないですよね!

 

awasham01女子が洗顔するときみたいに、
ネットを使ってたっぷりと泡をたてて
(洗面器一杯くらいの泡を作る)
泡を頭皮に馴染ませて洗浄します。

最初は頭の上にシャンプーの泡が乗ってるだけですが

泡の上からシャンプーを押し付けると
「シャクッ」っとしたなんともいえない感触を
頭皮に感じることができます。

 

指先でシャカシャカ洗うのではなく、
泡を頭皮に浸透させて、3分程マッサージするだけ。

頭皮に指をあてて、円を描くように手を動かすと

毛穴に摩擦を与えず、頭皮をほぐすことができます。

“頭皮に泡をなじませるだけ”というイメージです。

スポンサーリンク

 

泡で汚れを浮かせるので、頭皮へのダメージは軽減

シャンプーするときに、よく毛が抜けますよね。

薄毛が進行している人の場合だと、
一回のシャンプーで100本以上抜けることもあります。

一日の中で、一番頭皮に負荷がかかるのは
シャンプーのときなんですが

シャンプーのときの抜け毛は
指でこすったときの”摩擦”が原因です。

泡シャンプーをすることで、頭皮への摩擦を
限りなく軽減し、しかも頭皮に泡が浸透するので

汚れもしっかり落とすことができます。

シャンプーの原液を、髪の毛に揉み込んで
泡を立てるのではなく

awasham03最初にガッツリとネットを使って
たっぷりと泡を作って、その泡で洗う

というのが最も頭皮に負担をかけないやり方です。

泡立てネットを使えば、驚くほど簡単に短時間で
大量の泡を作ることができます。

ネットでも100均でもどこでも手に入るので
必ずゲットしておきましょう!

抜け毛対策に効果絶大!正しいシャンプーのやり方まとめ

「最近抜け毛が気になる」という方は
まずはシャンプーから見直してみましょう(^^)

①予洗い
>>シャンプーは予洗いが命!時間の目安と効果まとめ
>>頭皮がかゆいのは当たり前?シャンプーの二度洗いがダメな理由

②ネットを使ってたっぷりと泡を作る

③髪様シャンプー
>>指の腹で優しく洗うとハゲる?髪様シャンプーで薄毛改善しよう!

④すすぎ
>>頭皮トラブルを救う!シャンプーのすすぎ時間の目安は何分?

        2/4 次のページ

頭皮トラブルの人気記事

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントする

*