セルフカットのクオリティを上げてくれる最新の家庭用バリカン(HC9450/15)買ってみた

bari04最初は難しいセルフカットも、
回数をこなしていくうちに慣れていきます。

年単位でやっていると、
自分の髪を切る腕もメキメキ上がるので
その段階になると、今使ってるものよりも
いい道具が欲しくなってしまいますよね。

セルフカットにするだけで、
準備する道具の代金を差し引いても
年間数万円のお金を節約することができるので

ちょっと値段が高かったとしても、
セルフカットをし続けるかぎり
プラスの収支になります。

スポンサーリンク

 

バリカンを使ったセルフカットは
技術や経験の有る無しに関わらず
一定の長さで切れるので
初心者でもチャレンジしやすいですが

安いバリカンだと、
切れ味が悪くなったり、
アタッチメントの種類も少なくて
できることが限られてしまいます。

 

self001ホームセンターでも買えるような
お手頃な家庭用バリカンセットだと

9mmのアタッチメント
6mmのアタッチメント
3mmのアタッチメント

と、3mm刻みの長さ調整しかできません。

 

アタッチメントを切り替えながら切っても
9mm→6mm→3mmの境目は段段になってしまいます。

プロに仕上げてもらったときのような
刈り上げのあのなめらかなグラデーションは
家庭用のバリカンでは到底無理。

その問題を解決してくれるのは
「こまめに長さ調節ができるバリカン」
しかありません。

0.1mmずつ長さ調節できるバリカン

bari00そこで今回思い切って購入したのが
こちらの「0.1mmずつ長さ調節できる」
高機能バリカンです。

日本でもお馴染みのPHILIPS社の製品で
家庭用のバリカンの中では頭一つ抜けた
金額になっていますが

「0.1mmごとの長さ調節」
という小回りの利き方は相当魅力的です。

bari01

  • 1時間の充電で120分駆動(ワイヤレス)
  • 411段階の長さ調節
  • メモリー機能
  • デジタルスワイプで操作

bari02毛の太さに合わせてパワーが強くなり
刃自体の切れ味も良くなっていて
もう機能的には何も言うことがない(笑)

スポンサーリンク

開封

bari03アタッチメントは3種類付いていて
これを使わけることで411段階の調整ができるみたい。

電源と掃除用のブラシ+取説が入っています。

bari04バリカンにしてはズシっとした感じがします。

カッコイイ

ちなみに、この状態で使うと
0.5ミリの長さに切れますので
気合を入れたいときや反省したいときにどうぞ。

スマホっぽい操作感

bari05親指の部分を上下にスワイプすると
シュウィーーーンという音とともに
アタッチメントの部分が伸び縮みします。

タップすると
0.1mmずつ数値が増えたり減ったりします。

長さやバッテリーの残量が表示されています。

アタッチメント小(1mm→7mm)

bari06一番小さなアタッチメントを付けた状態。
この状態だと1mmで切れます。

bari07これがMAXの7mmまで伸ばした状態です。
アタッチメントが7mm分伸びているのが
確認できます。

アナログのバリカンだと
強く当てすぎてしまった場合、
アタッチメントがズレて短くなる事故が起きますが

これはデジタル制御でロックされているので、
そういったことも無さそう。

bari08これが正面からの図(1mm)。

bari09これが7mmまで伸ばしたときの図です。

ツーブロックや坊主、ショートなどの髪型なら
この一番小さなアタッチメントがメインになります。

5mm→5.5mm→6mm→6.5mmなど
刈り上げ部分の長さをかなり細かく調整できます。

アタッチメント中(7mm→24mm)

bari10中くらいのアタッチメントは
7mm→24mmまでの長さでカットできます。

bari11小アタッチメントと違って、
形状が少しゴツい感じになっています。

刈り上げ部分を
7.0mm以上の長さで切りたい人は
このアタッチメントがメインに。

社会人でツーブロックや刈り上げにするとき

6mmだと地肌が青く見えすぎて
モヒカンっぽく見えがちですが

7mm→9mmの間の長さにすることで
奇抜い印象が控えめになり
ナチュラルでスッキリした刈り上げになります。

スーツ着る仕事をしてる人は
このアタッチメントがメインになるかなーと思います。

アタッチメント大(24mm→42mm)

bari12こちらが大きなアタッチメントを付けた状態。

ごっついですよね。

bari13ニューンと伸ばすと42mmの長さまで切れます。

僕の使い方では一番出番がないですが、

スポーツ刈りのようなショートへアだと
トップの部分を切るときに使いそう。

bari14坊主とかツーブロックとか
ショートヘアのセルフカットに必要なものが
すべて詰まっています。

デジタルで制御されてて
バリカンっぽくない操作感も気に入りました。

お手入れ

防水性能がないので、丸洗いはできませんが
刃の部分は、外して水洗いできます。

bari17◯枠の部分のスイッチを押すと
刃の部分がパチっと浮いて
取り外すことができます。

bari18この部分は丸洗いOKです。

本体はブラシで掻きだしましょう。
(丸洗いしたらオワリます)

毛が詰まると、挙動がおかしくなるので
セルフカット→掃除はセットにした方がいいですね。

高級品なので、大事に扱いたいと思います。

 家庭用バリカンとしては今のところ最強

bari04新品ということもありますが、
今まで使ってたものよりも切れ味がよくて
何回もこすらなくても良くなりました。

いつも摩擦で頭皮が赤くなっていたので
切れ味が良いと、
「そういう面も改善させるんだなぁ」
という発見もあり、地味にうれしい。

0.1ミリ刻みで正確に長さを揃えられる
というのは、実際全部使わないけど
マジでスゴイなーと思いました。

このバリカンで、またセルフカットが楽しくなりそう。

次のページ>おすすめの好きバサミは?

スポンサーリンク

コメントする

*