ハゲない帽子の被り方!頭皮と髪を守るための夏の過ごし方

boushi_hage000直射日光が厳しい夏本番
オフの日は野外でアクティブに過ごすことも多くなります。

 

サンサンと太陽が降り注ぐ午後、
アイスが食べたくなって
歩いて4分のコンビニに買い物に行ったのですが

1分も太陽光線を浴びていると
とろけてしてまうんじゃないかと思うくらい
しんどくなりました(-_-;)

 

それ以来、
ちょっと外に出かける場合も
帽子が手放せなくなりましたが

帽子を被る機会も必然的に多くなるし
被っている時間も長くなります。

 

太陽光線から守るために被っている帽子も
被り方を間違えてしまうと
別の角度から頭皮や髪に
悪影響を与えてしまうので注意が必要です!

スポンサーリンク

帽子を被っている間は、
太陽光線が髪や頭皮を直撃することはありません。

帽子の繊維や素材が盾となり
有害な紫外線をブロックしてくれます。

 

しかし、被っている時間が長くなることで
帽子の中は通常よりも発汗しやすくなっており
ムレムレの状態になってしまいます。

夏の帽子の中は、
一年でイチバン蒸れてる
といっても過言ではないでしょう。

 

boushi01帽子を脱いだとき、ベチョベチョに髪が濡れ
デコに髪が引っ付いたりすることもしばしば。

直射日光からのダメージは防げても
帽子の中では、頭皮トラブルの起きやすい環境が
着々と整っていきます。

「帽子を被るとハゲる」と言われている2つの理由

boushi_hage00【1】
頭皮の圧迫状態が続くことで
血液の循環が悪くなり、抜け毛の原因に。

【2】
発汗にともなって分泌された皮脂や汗が
帽子内分にこもり、雑菌にとってはこの上ない環境が整います。

雑菌が増殖することで
かゆみ、湿疹、かぶれなどの症状が出て
将来的には毛が抜ける原因に。

 

帽子を被り続けている間は
太陽光線をブロックしてくれますが

帽子内部では
抜け毛の2つの要因が発生することになります。

 

これが「帽子を被るとハゲるぞ」と言われてる所以です。

 

hiyake01〜ハゲたくないから帽子を被らない〜
という鉄の意思の人も中にはいるかもしれませんが

こういう極端な0・100の考え方をしなくても
正しく帽子を被ることで解決します。

 

正しくとは・・・

スポンサーリンク

こまめに帽子を脱いで換気を!!

nukege000正しく被る→こまめに換気すること。

何時間も連続で被り続けるのではなく
15分・30分おきなど、こまめに帽子を脱いで
頭皮の汗を外部に発散させることで
熱や水分がこもらなくなります。

 

ストップウォッチで正確に時間を計る必要はありませんが

ちょっと汗かいてきたなー
頭が暑いなー

と感じたタイミングで一度帽子を脱げばいいだけ(^^)

 

aki000今日帽子を長時間被っていて
明日すぐ抜け毛が倍増するわけではなく

こういった夏場の地味なストレスが蓄積し
秋に増える抜け毛に繋がっていくのです。

 

一度帽子を被ると、かぶり直すのは面倒ですが
頭皮の圧迫も短い時間で解放されるし
頭皮の蒸れも解消できるので、痒くなりにくいです。

【帽子をこまめに脱ぐ】という習慣は
なかなか定着しにくいですが
夏場は特に意識して取り入れていきたいです(^^)/

【次のページ】頭皮トラブルを改善するためのシャンプー習慣【正しい洗髪・乾かし方】▶▶

       >       

スポンサーリンク

コメントおまちしております ^_^

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. posted by アクセストレード岡田

    あたまラボ 運営者様

    突然のご連絡失礼いたします。
    アクセストレードを運営しております、
    株式会社インタースペースの岡田と申します!

    あたまラボ【http://head-labo.jp/】を拝見いたしました。

    幅広いユーザーに対する豊富なコンテンツが非常に魅力的でしたので
    是非、弊社にてお取り扱いしております広告案件のご掲載をお願いしたく
    ご連絡させていただきました。

    ヘアケア用品をはじめ、サプリ等、
    ご案内できる商品は多々ございます。

    貴サイトの収益の拡大のお力添えができる
    ご案内ができるかと存じます。

    ご一読くださいましたら、ご連絡くださいますよう、よろしくお願いいたします。
    岡田〈n_okada@interspace.ne.jp〉

    以上、何卒よろしくお願い申し上げます。

    ※貴重なコメント欄をお借りし失礼致しました。
    不適切な内容とご判断された場合、お手数ですが削除の程お願い致します。

コメントする

*