ビジネスマンはおしゃれも大事!できる男がパーマをかける理由

pama00
仕事ができる男は、身だしなみにも気を遣います。

デキル人ほど髪型もおしゃれ。

スーツ姿にもビシッと決まる髪型だと
仕事にも気合が入るし、好感度も高い。

 

そういう人はプライベートも充実していますよね。

スポンサーリンク

 

仕事もバリバリ、プライベートもバリバリ
理想のビジネスマンの像に
髪型は重要な要素の一つになります。

 

髪型にこだわる人は、
全てにこだわりがあるんじゃないか!
と連想させてくれます。

 

逆に
「髪型なんてどうでもいいだろ…」
という感じの人は、仕事に対しても
他のことに対しても疎かにしがちです。

 

その時々の流行にもよりますが、最近では
できる男ほどパーマをかけている気がします。

なぜデキル男はパーマをかけるのでしょう。

できる男がパーマをかける理由

【①流行りを取り入れる】
最近のメンズ髪型では
パーマが比較的流行っています。

パーマをかけることで、普通の状態では
絶対に出来ないヘアスタイルが可能になります。

デキル男は新しいものに敏感なのです。

 

【②セットが楽】
パーマ=おしゃれ の要素が強いですが、
パーマをかけることで、セットが劇的に楽になります。

少し濡らして、整髪料をもみこむだけで
おおかた完成します。

 

しかし、カットだけの場合
自分でセットすることができなかったり
髪が伸びるとセットしづらくなったり
セットの状態の再現性が低いです。

パーマをかけておくと、
セットにかける時間も節約できるし
再現性も高いのでオススメ。

スポンサーリンク

 

パーマ=ちゃらい→デキル

パーマをしてる人=ちゃらい人

みたいな印象は少なからずありますが、

結局は、その人の仕事の結果と人間性です。

ちゃらいというイメージを与えているのであれば
仕事面での信頼を得ていない証拠だと言えます。

 

ファッション性が高い髪型なので
職業や職種によっては、
全く受け入れられないかも知れません。

 

上の世代からしてみると
茶髪や長髪と同じような扱いを受けるかも。

 

社会人で「パーマをかけたいなー」と考えてる人は
まず、先輩とか上司に相談してみるのも一つの手段。

今の段階でNGだったとしても、

仕事で圧倒的な結果を出せば
認められる可能性は十分にあります。

「あいつは結果出してるからな」
と思わせてしまえばこっちのものです。

 

要は、
認められた存在であるかどうか

 

そのためにも、
仕事面で圧倒的な結果を出しましょう!!

仕事の量・早さ・正確さ
全てのクオリティを高めましょう!

 

逆に、仕事で結果が出ていないうちは
パーマなんてかけてる場合じゃないですね(・_・)

        1/4 次のページ>

このカテゴリの人気記事TOP10

スポンサーリンク

コメントする

*