朝一番の口臭をはちみつで予防!おすすめの摂り方4選

honey0630代も半ばにさしかかると、
朝一番の口臭も仕上がってきますよね。

前日の夜、
時間をかけて丁寧に歯磨きをしようが
マウスウォッシュでケアをしようが
朝起きたときの息の臭さったらもう(言葉がありません)。

 

毎日、起きた瞬間か辛い気持ちになり
一日がスタートしていましたが

先日、健康系の番組を見ていたら
「はちみつで朝の口臭が軽減する」
ということで、

その日の晩に試してみたら
翌日から劇的に朝一番の口臭が減ったのを実感できました。

口臭の程度は個人差があると思うけど
もう、これは人類が全員すべき。
今後、口臭ケアの新定番になって然るべき方法です。

スポンサーリンク

ハチミツが口臭予防に効く理由

honey03【たけしの家庭の医学】の番組の、
「認知症予防」のテーマでハチミツが登場しました。

認知症のリスクを高めるLPSガスという毒素が
寝起きの口臭内に含まれており、
口臭が強ければ、そのリスクも高まるというもの。

海外の研究の結果、ハチミツに含まれる
10数種類のフラボノイド(成分)が
LPSの働きを低下させるらしく、

しかも
毎晩スプーン一杯分を摂取するだけで
効果があらわれると紹介されてました。

スーパーざっくりとした説明ですが
ハチミツのフラボノイドがどうやら
口臭の予防に直結するらしいです。

 

元々ハチミツ自体に
「殺菌作用がある」「免疫力を高める」
というのは知ってましたけど、
口臭を予防できるほどとは。

口臭予防=認知症予防に繋がるのは、一石二鳥。

ハチミツを摂る時間は、夜の歯ミガキ前

honey05番組の中で紹介されてたのが
朝の口臭予防としてハチミツを摂る時間は、
夜の歯磨き前。

スプーン1杯分(大さじ)を
口の中に馴染ませ、摂取するだけです。
そして、通常の歯磨きでケアをする、という流れ。

ただ、ハチミツを直で口の中に入れるのは
ちょっと甘すぎるし、その後すぐに
歯磨きする気分にもなりにくいです。

ということで、おすすめの摂り方を4つ紹介します。

スポンサーリンク

ハチミツのおすすめの摂り方4選

honey02

①ハチミツ+お湯割り+(レモン果汁)
②ハチミツ+ホット紅茶割り
③ハチミツ+ルイボスティー割り
④ハチミツ+ホットミルク割り

ホットドリンクにすると、溶けやすく
甘さも抑えられるので、抜群に摂りやすくなります。

honey04一番シンプルなお湯割りが好きなんですけど
生のレモン果汁を絞ると、最高に美味くなります。

飲んだ翌日の朝、即違いを実感できました。
口の中の嫌なベタベタ感がなく(ゼロじゃないけど)
臭いも少なくなってるんですよ。

「こんなことでいいの!?」
ってくらい簡単なことしかやってないのに。

honey00毎日同じ飲み方をすると飽きるけど
飲み方のバリエーションはかなり豊富なので
かなり続けやすい予防方法だと思います。

なにせ、ツラいことが一つもない(笑)。

 

「ハチミツの甘さが嫌い」
「ハチミツアレルギーだから無理」

という人以外は、
絶対一回試してみる価値があります。
認知症予防にもなりますしね。

出先の口臭ケアには、
「うる藍バリア」を使ってますが

朝一番の口臭予防には、
夜寝る前のハチミツドリンク(+歯磨き)
がマストな習慣として定着しそうです。

ぜひ、お試しを!

        1/4 次のページ

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントする

*