血流改善で薄毛対策!血管を若返らせるための生活習慣

kekkan00

髪の毛の悩みは、早い人だと20代後半から
始まってくるもの。

ふと鏡を眺めたときに気づくんですよね(-_-;)

スポンサーリンク

「アレ?生え際の髪が少なくなっとる!」と。
あのときの絶望感たるや。

このまま自分の髪の毛は少なくなって
枯れていくのだろうか…

と、毎日鏡で髪の毛をチェックしては
ため息をつくことが多くなります。

人間は歳を重ねる毎に体質が変わるもの。

いつまでも”自分は若い”と思い込んでいると
後々痛い目にあうことでしょう。

「まだ20代だからハゲるわけねーし!」
「親はフサフサだから大丈夫だし!」

果たして、その考えで大丈夫なのでしょうか。

薄毛は頭皮の血流不足が原因

頭皮の血流不足は、薄毛の原因の一つ。

髪の毛の成長に必要な栄養は、
頭皮の血管に流れる血液の中にあります。

身体の血流が悪くなってしまうと、
頭皮に運ばれる血流の量も減ってしまうため

血管が健康であるかどうか、が非常に大事。

血管を健康に保ち、血流が正常であれば
頭皮に運ばれる血流の量も減ること無く
髪の毛の発毛サイクルをキープすることができるのです。

血管を若返らせるための生活習慣

kekkan01血管が詰まっていたり
血液がドロドロしている状態を改善することは
薄毛対策としても非常に効果が高いです。

頭皮の血流改善のために
マッサージをしまくっても、
血液自体がドロドロだったら
あんまり意味がありません。

高い育毛剤をふりかけたり
高い育毛シャンプーを続けても効果が見られない人は

ぜひ、生活習慣の見直しも合わせて行いましょう!

スポンサーリンク

①毎日運動して汗をかく

発汗して身体の代謝を高めることで
身体中の血液の循環が良くなります。

運動する習慣のない人の汗は、
ベトっとした状態で、血液の状態もそれに似ています。

汗をかく程度の運動を習慣化することで
サラッとした汗に変わってきます。

この状態になると体内環境も改善されるので
何かしらの変化を感じることができます。

②塩分を控える

毎日の食事で気をつけたいポイントは、塩分

意識しないと、とんでもない量の塩分を取っています。

塩分摂取量が多い状態が続くと、
血圧が上がり血管に負荷がかかってしまいます。

塩分を摂り過ぎることで、
血液の粘度が上昇し、血流が悪くなるので

スムーズな血流を維持するためにも
塩分を控えることは大切な習慣です。

何かものを食べるときは、
「この食べ物の塩分はどれくらいあるの?」
と成分表示を確認するところから始めてみましょう。

③水分をこまめに取る

体内の水分量を適切に保つことは大事。

水分をとることで、尿の回数が増えますが
その度に、老廃物が体内から出ていきます。

汗も出やすくなり、体内の環境が整っていきます。

血管の健康は一日にしてならず

血管のコンディションは、一日の努力だけで
改善するものではありません。

毎日のコツコツとした取り組み以外に
ゴールは存在しないし、終わりもありません。

真剣に薄毛対策を取り組むのであれば
今からこの3つの習慣を取り入れて
身体の内側からケアしていきましょう!

       >       

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントする

*