黒ごまが薄毛を救う!低コスパの食べる育毛剤でハゲ予防しよう

kurogoma00一般的に”育毛剤”といえば
気になる部分に毎日付けて、マッサージしますが

なかなか目に見えて効果を実感できません。

育毛は食事によって、外からではなく、
身体の内側からもアプローチすることで
効果が高まります。

その“食べる育毛剤”が、黒ゴマなんです。

スポンサーリンク

どこのスーパーに言っても手に入れられる
“ゴマ”という食材が、薄毛に効くなんて信じられませんが

ゴマは栄養素が豊富で、

中国四千年の歴史の漢方でも
古代インド医療のアーユルヴェーダでも

【若返り】【活力増強】の効果が高さが
古くから注目されていました。

 

日本でも江戸時代に書かれた医学書に
「ゴマは肝臓・心臓・脾臓・腎臓・肺に作用する」

ということが記されています。(※本朝食鑑)

 

医療技術が今ほど発展していない
何百年も前は「困ったらゴマ食っとけ」
というのが世界共通だったのです。

なぜ黒ゴマに育毛効果があるのか?

kurogoma02なぜ、この1ミリほどの黒いつぶつぶに
育毛の効果があるのか。

それは

黒ゴマが腎臓の働きをよくすることで
肝臓・血管・心臓の働きが活性化し、
血液が体中に行き渡るようになるからです。

 

mushiba03血液が不足したり、循環が悪くなると
身体の末端にある髪の毛に栄養が行き渡らず
白髪や抜け毛が増えたり、髪の毛が痩せていきます。

 

髪の毛に付けるタイプの育毛剤と違い
身体の内側(血液の流れ)を改善することができるので

根本的な解決に繋がります。

 

【血液が余ったら髪になる】という考え方が
中国医療の世界にありますが  ※血余

黒ゴマを体内に取り入れることで
エネルギーがみなぎり、血液量が増え
不足していた血が、くまなく循環することで
髪は黒く、太く、若々しくなっていくでしょう。

スポンサーリンク

すって食べるのがオススメ

kurogoma01【黒ゴマきなこミルク】のように
すり潰した黒ゴマは、栄養を無駄なく
吸収することができます。

ゴマは、
そのままの形だと消化吸収しにくいです。

せっかく口に入れても、胃で分解されずに
そのまま便として出てくることもあります。

そうなると、効果がないので
最大限に効果を高めるためにも
【すりゴマ】にしておくことをオススメします。

 

小さなケースに入れて持ち運べるので
食事の度に、何かにふりかけたりして
こまめに摂取することができます。

黒ゴマを食べる習慣のある人は
高齢になってもボケず、髪も黒いまま。
若々しく元気な人が多いです。

身体の内側から作用してくれる黒ゴマは
薬局で売ってるような市販の育毛剤よりも
効果が高いかもしれませんね(^^)/

NEXT▶▶耳たぶ回しが薄毛予防に効果のある理由とは?

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントする

*