クセ毛男子必見!雨の日のうねる前髪を真っ直ぐに伸ばすテクニック

justin_b13髪の毛のクセが強い人は
湿気の多い梅雨の時期や雨の日、
チュルンとうねる前髪のセットが難しいですよね。

倍以上の時間をかけても、しっくりこない
なんてこともザラにあると思います。

スポンサーリンク

僕もつい4~5年ほど前までクセ毛に悩んでました。

小学生くらいの頃の髪質は
クセもなくほぼ直毛だったのですが

髪型とか見た目が気になりだす中学生の頃、
前髪部分が強烈にうねるようになりました。

ホントに別人のような髪質になりますよね、あの時期って。
(-_-;) 謎すぎる…

 

せっかく朝髪を整えても
雨が降ったり、少しでも汗をかくと
前髪がチュルンとうねってデコに張り付くんですよ。

 

1cm以下の坊主とかベリーショートだったら
クセなんて出てこないんですけども

前髪を下ろす系の髪型の場合
クセ毛丸出しになります。

 

高校生になってからも、クセは強くなり
自分の力では制御不能だったので
縮毛矯正で前髪だけ伸ばしていました。

 

真っ直ぐ伸びるので、セットはしやすかったのですが

  • カット以外にお金が余計にかかるし
  • 失敗されてチリ毛になるし
  • 髪に負担がかかるし
  • 伸びると根本がウネウネして意味不明な髪型になるし

長くは続きませんでした。

 

縮毛矯正・ストレートパーマは物理的に
うねってる毛をまっすぐ伸ばせるので
その瞬間はいいんですよ。

根本の解決にはなりません。
その場しのぎの応急処置的なやつです。

 

髪は一ヶ月で1cm以上伸びるので
だんだんとセットしづらくなるし…

不自然に真っ直ぐ伸びて
ビジュアル系バンドマンっぽくなるし…

 

クセ毛男子が心から望んでいるのは
ナチュラルな感じの真っすぐな前髪。

アイロンでビタっと伸ばした
“作られた直毛”を望んでいるワケではないと思います。

 

てなわけで今回は
うねる前髪をナチュラルに解消するために
知っておきたいセットのテクニックを紹介します。

スポンサーリンク

ポイントはドライヤーの最後にアリ!!

73midi12髪をセットするとき一番重要なのが
ドライヤーの使い方。

濡れた髪の毛を乾かすためだけに
ドライヤーを使ってる人が多いです。

 

髪をしっかりと乾かすことも大事ですが

熱を当てることで、髪を立ち上げたり
ふくらむ部分を押さえたり
セットのベースを作るために欠かせません。

 

クセの強い前髪は、特に時間をかけて
ドライヤーの風を当てると思いますが

ポイントは、しっかりと伸ばした後
冷風で冷やすことで、
伸びが定着します。

冷える過程で、固まるイメージです。

 

どのドライヤーにもCOOLモードがあるのは
そのためなんですが、意外と知られていません。

美容師さんが髪をブローするとき
実はこまめに風の量や温度を調節してるんです。

 

ただ熱風を無造作に当ててると思ってましたが
こういったテクニックが沢山あるから

美容室でセットしたときと、
家でセットしたときに違いが出るのかもしれません。

 

ドライヤーはクセ毛を矯正する為に
欠かせない手順なので
雑にせず、丁寧に時間をかけましょう。

水分量の少ないマット系のワックスを使えば
クセも出にくく、長時間セットをキープできます(^^)

【次のページ】自分で上手に髪をセットする方法&ドライヤーのコツ【メンズヘア】▶▶

       >       

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントする

*