長髪で過ごして感じた11のデメリット。ロン毛男子が失う大切なものとは?

longe02髪の毛を結べるくらいの長さまで伸ばして
過ごしてみましたが、

この髪型メリットが少ない。

むしろデメリットが多い。

スポンサーリンク

 

現在、メンズヘアスタイルは
短髪ブーム全盛なので長髪にするだけで
“周りと差別化できる”=個性を出せる
という点ではいいのですが

あまりにも非実用的な髪型なので、
長髪とは対象的なベリーショートのスタイルに
することにしました。

今回の記事では、
しばらく長髪で過ごしてみて感じた
デメリットをまとめてみました。

長髪にもメリットはありますので、
興味のある方はこちらの記事↓↓も読んでみてください。
▶▶お洒落な長髪男子を成立させる条件とは?ロン毛のメリットまとめ

 

デメリット①蒸れる

長く伸ばした髪の毛が常に頭皮を覆ってるので
通気性が悪く、ちょっと汗をかくだけで
頭皮が蒸れ続けます。

デメリット②乾きにくい

髪が長い分、水分を多く含むので
シャンプー後は髪の毛が重くなります。

短髪なら、タオルドライだけで結構乾きますが
長髪はタオルが何枚も必要になるし
ドライヤーの時間も長くなります。

汗をかいたときも、
なかなか頭皮が乾いてくれません。

デメリット③うっとうしい

束ねるか、帽子を被ってないと
髪がすっきりとまとまりません。

もしも、何もせず下ろしたままだと
顔や首に髪の毛がファサファサと
まとわりついて、非常に鬱陶しい思いをします。

寝る時も、耳や首周りに髪が
ワシャワシャしていると
集中して眠りに入ることができません。

自分で伸ばしてるくせに
イライラしてしまいます。

デメリット④シャンプー・トリートメントの消費量が増える

髪が長くなると、毎日のシャンプーや
トリートメントを使う量が増えます。

短髪時代に比べて、
倍のスピードで減るようになりました。

カット代はかかりませんが、
シャンプー系のコストは約2倍に。

デメリット⑤やはりスーツに合わない

こないだ結婚式に出席したんですが
長髪は僕だけ。

毛を束ねて、ワックスやジェルで
キレイにセットしていましたが
一人だけ浮いてましたね(-_-)

「なんだあいつ感」
「ちゃんと働いてない感」

社会人=短髪・ミディアム

なので、職業的な雰囲気が
もろに出てしまいます。

スーツ姿に必要不可欠な”清潔感”

短髪に比べて、長髪は肩身が狭いです(-_-)

デメリット⑥思ったほど自分に似合っていない

顔の種類や頭の大きさにもよりますが
「スーツに合ってないなら
自分に長髪は似合わないんだな〜」
と確信しました。

スーツを着て、それでも似合う人が
長髪の似合う人なんだなーと思いました。

デメリット⑦排水口の詰まる早さUP

女子ばりに髪が長いと、
排水口の詰まるスピードも
ケタ違いに早くなります。

長い部分では20cm以上の長さがあるので
1本抜けたとき、10cmのころより
単純に2倍の量が排水口に溜まる計算になります。

抜け毛が出ないシャンプーの方法で
毎日洗ってるんですが
それでもある程度は抜けるものなので

デロデロになってしまわないように
毎日掃除するようになりました。

※抜け毛が最小限になるシャンプーの方法
▶▶

デメリット⑧ヘアゴムを24時間持ち歩く

いつでも髪を束ねられるように
手首にはヘアゴムを常に着けるようになりました。

ヘアゴムが見当たらなくなると
たまらなく不安になります。

消耗品なので、使い続けると
くたびれてしまうので
100均やコンビニで買うんですが
【女子の買い物】なので、複雑な気分になります。

デメリット⑨頭が洗いにくい※特に後頭部

生え際や襟足、耳周りなどは
頭皮に指が届きやすく、
洗えてる実感もありますが
後頭部がどうも洗えてる感じがしない。

頭皮トラブルも、後頭部が多いです。

デメリット⑩「いつ切るの?」と言われる

男子が結べる長さまで髪を伸ばすって
1年近い期間がかかるので、大変なんですよ。

切りたい衝動を抑えながら
耐えて耐えて伸ばした髪の毛ですが

他人にとってみたら、
うっとうしい以外の何モノでもないみたい。

親は特に受け入れられないみたいで
顔を合わせる度に、
「いつ切るの?」と言われます。Theストレス。

デメリット⑪肩がこる

20cm以上髪が伸びてると
髪の重みを感じるようになります。

右を向いたらファサ
左を向いたらファッサー

髪が長くなるにつれて
首の疲れや肩コリがひどくなってます。

 

スポンサーリンク

 

もう短髪にする!決め手は”時間”

色々と長髪のデメリットを書いてみましたが
ボロクソですね。苦笑。
これを書いてる間に、
「短髪がいい」「断髪する」と決意できたわけですが
その一番の決め手となったものは、ズバリ

 

“時間”です。

 

 

 

長髪にしていることで、切る回数も減るので
お金コストは少なくなっていますが、

その半面、
時間コストがめちゃくちゃかかっています。

  • シャンプーの時間
  • 髪をすすぐ時間
  • トリートメントをすすぐ時間
  • タオルを2枚使って水分をとる時間
  • ドライヤーで乾かす時間
  • ヘアゴムで髪を束ねる時間
  • 行方不明になったヘアゴムを探す時間
  • ヘアゴムを買いに行く時間
  • 床に落ちた抜け毛、排水口を掃除する時間
  • 髪がモシャモシャして寝付けない時間

パッと思いつくだけで、損してるなーってのが
これくらい出てきました。

 

kamigata00もしも坊主くらい短いショートヘアなら
毎日発生していた時間的なコストが、
ほぼゼロになります。

【シャンプー】【乾かす】の工程は、
特に時間がかかるものですが
短髪にするだけで、大幅に時間を短縮できます。

少なく見積もっても1日20分くらいは
節約することができそう。

人生はお金も大事ですが、
一番大事なのは”時間”なので
早いとこ短髪にして合理的な人生を送りたいと思います。

          2/4 次のページ

“髪の悩み”の人気記事

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントする

*