長時間かけても痛くならない眼鏡選びの2つのポイントとは?

megane00

視力が悪くなると、遠くのものを見るために
メガネやコンタクトレンズの着用が必須になります。

スポンサーリンク

 

中学生の頃は、眼鏡をしている人を
「カッコ良いな〜」なんて思ってたんですが
いざ視力が落ちて、モノが見えなくなると

 

チョベリバです(-_-;)

 

免許証にも”眼鏡等”の条件がついてるくらい
視力が悪いので、裸眼では日常生活に支障がでます。

そこでコンタクトと眼鏡を毎日使うわけですが
最近は目(眼球)のコンディションが悪いので
眼鏡で生活をしています。

 

でも、その眼鏡。

長時間装着していると、
めっちゃ頭痛がしてくるんですよ。

コンタクトレンズのときは
目の疲れが原因で頭痛になることはありますが

眼鏡の場合だと、血流不足が原因で
頭痛になっていることが分かりました。

 

眼鏡選びの時点で、すでに失敗しているという…

 

快適なメガネライフを送るためには、
ファッション性だけではなく

血流不足が起きないような
フレームを選ばなければいけません。

ぶっといフレームはNG

megane02ダテ眼鏡みたいな、黒い樹脂のフレームが
最近のトレンドではありますが

このタイプのフレームは重いです。

 

重いということは、
眼鏡のかかる耳とこめかみ部分へ
猛烈に負担がかかり続けます。

この部分が長時間圧迫されることで
頭部と首の上下の血流が滞りやすくなり

ズキっと痛む頭痛が起こるようになります。

 

太めの黒縁フレームは、
おしゃれ度もアップしますが
一日中着ける眼鏡としてはオススメできません。

スポンサーリンク

長時間着け続けられる眼鏡とは

megane01眼鏡は身体の一部です。

なので、ファッション性も大事ですが
なるべく長時間着け続けられるものがいいと思います。

  • 軽いフレーム
  • 耳へのフィット感

megane03耳や側頭部への悪影響が少ない
というのを条件に、選ぶことをおすすめします。

軽さに特化した、極端に言えば
着けてるのか分からないくらいのやつ。

 

耳にかかる部分が細くて軽いもの。

頭に食い込むようなサイズではなく、
適切なサイズのものを選ぶこと。

デカ重フレームはおしゃれさと引き換えに
頭痛や首こりを引き起こす爆弾を抱えること
になりますので、眼鏡を選ぶ基準に

長時間つけ続けられるのか

という条件を加えることを強くオススメします(・∀・)

       >       

スポンサーリンク

コメントする

*