面接で損しない好感度の高い就活メンズ髪型!七三はアリなの?

shukatsu00

就職活動・転職活動でESを通過した後に
待ち受けるのが面接。

応募者はいくつもの面接でふるいにかけられる
わけなんですが、対面で面接官と話す機会は
やっぱり緊張しますよね。

スポンサーリンク

 

人生掛かってるわけですから。

そんな大事な面接で、損をするポイントがあります。

それが身だしなみ。

 

会って3秒でその人の印象が決まる

というフレーズは何度も耳にしたことがあると思いますが

3秒どころか1秒ですよね。実際。

 

mensetsu01面接官というのは、言わば人選びのプロ。
1秒という超短時間に、頭から足の先まで
スキャニングしてることと思います。

身だしなみの甘い人は、当然印象が悪いです。

 

その後の質疑応答で、よっぽどアピールできなければ

オープニングでのマイナスポイントを
挽回するのは至難の業。

身だしなみで、受かるものを落とされるほど
もったいないことはありません。

 

【人は見た目で判断しない】というのはお伽話で

企業面接においては、
見た目もガッツリ評価の対象となります。

好感度の高い就活ヘアの条件とは

shukatsu01社会人としてふさわしい髪型というのは
清潔感・さわやかさ。

この2つを満たしていると、
誠実な印象がにじみ出てきます。

ボサボサ頭、パーマでくるくる頭
フケが肩や背中に降り積もってる頭には
こういった印象を感じることはありません。

特に男性は、化粧でごまかしたりできないので
髪型というのはその人の印象を決定づける
大事な要素になります。

スポンサーリンク

【清潔感重視の髪型】

①ショートヘアが基本(坊主はダメ)
②おでこを出す
③耳が隠れない長さ(全部出す)
④襟足は短く
⑤ナチュラルなセット
⑥茶髪・パーマはしない

絶対ショートである必要はありませんが
短い方が、自動的に清潔感が出ます。

長いとセットが面倒くさいですからね。

今流行の七三はアリ?

73set00七三分けの髪型は、昭和の時代を象徴する
社会人・サラリーマンの髪型ですが

今や流行のスタイリングの一つとなっています。

ファッション性も高くなっているため
賛否両論別れるところです。

テカテカの整髪料をつけて
クシでびっちり分け目をつけた大学生。

面接官の目にどう映るでしょうか。

面接官の気持ちになって考えてみたところ

「なんだコイツは」(-_-;)

と思われなくもないです。

七三分けはスーツと相性のいい髪型なので
社会人としてバリバリ働いてる人がすると
カッコイイのですが

社会人経験のない人がやってると
真似ごと感がハンパじゃないです。

 

清潔感というよりか、違和感が上回ります。

社会人経験のある方が、転職活動のときに
する分には全然問題ないと思いますが

実務経験のない人間がやってると
サラリーマンのコスプレしてる大学生
という印象になりがちです。

 

年齢が若ければ清潔感やさわやかさよりも
違和感が勝ってしまうため、
企業面接の髪型としては向いていないと言えます。

shukatsu02歳相応のナチュラルな髪型がベスト。

今流行りの七三分けをするタイミングは
入社して、実務をこなして、経験を積んだ頃
ではないでしょうか。

おしゃれはいいことですが、
中身が空っぽのルーキーは
おしゃれに力を注ぐよりも
一日でも早く一人前になる方が大事です。

        1/4 次のページ

このカテゴリの人気記事TOP10

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントする

*