やってはいけない!M字ハゲを加速させているシャンプーの付け方とは

wakahage00早い人だと20台前半で
髪の毛が薄くなり始めることがあります。

薄毛になるパターンはいくつかありますが
生え際が後退していくM字のパターンは
前から見るともろバレしてしまいます。

髪の毛が抜けていく原因は人それぞれ

ストレスや疲れなど心身のコンディションが
複雑に絡みあった結果なので
自然に解決するのは簡単ではありません。

スポンサーリンク

 

薄毛に悩んでる人に共通するのが
抜け毛に対して敏感になっているため
念入りにシャンプーをしすぎていること。

自己流でケアをしていたり
正しい情報に辿りついてない人は

単に
「 汚れが詰まってるからキレイにしなくては」
という方法を取ることが多いです。

前髪が後退している30代の同級生に、
「シャンプーどうやってしてるー?」
って尋ねたことがあるんですが

4人中4人が同じ方法でした。

僕の父親もがっつりM字のタイプで
僕と同じ年のころにはすでに
後退が始まっていたそうですが

その父もシャンプーのやり方は同じ。

僕自身、前髪の後退に気づいたのが
20代前半だったんですが
何も知らない当時の僕もその同じやり方。

もちろん同じやり方でフサフサの人もいますが

ハゲ家系でなかったり、
てっぺんから薄くなるタイプだったり
タイプが違ってます。

シャンプーのやり方が額の後退に関与してない
とは言い切れないと思います。

シャンプー液を最初につける場所はダメージ大

awasham00シャンプーをするときの手順なんて
無意識でやってると思いますが
今一度振り返ってみましょう。

シャンプー液を手にとって、手の平で伸ばして
髪につけて、泡立てて、流します。

だいたいこの5ステップ。

ここで過去の僕を含めた前髪後退型の6人に
共通していたことですが

手のひらで伸ばしたシャンプー液を
額(生え際)に付けていたこと。

 

生え際から手ぐしをするように髪になじませ
シャカシャカシャカシャカ泡を立てて、
というシャンプーをしていました。

 

shampoo_matome00刺激の強いシャンプーの原液を
直接生え際部分につけていることになり

コレがよくないワケです。

頭皮を守るためのバリアの役割を持つ皮脂まで
ガッツリ落としてしまうし

皮脂が過剰に分泌したり、
毛穴にシャンプー液が残ったりすることで
湿疹や炎症も起きるし

髪の毛が生えても、きちんと育つ前に
抜け落ちてしまったり、やせ細ったりして
徐々にボリュームが無くなり
地肌が剥き出しになってしまいます。

物心付く前から、何も考えずに
親のマネをして洗っている人が多いと思います。

むしろシャンプーのやり方なんて
調べる機会がない方が当たり前です。

スポンサーリンク

 

シャンプーは後頭部から

では、シャンプー液をつけるのはどこから?
ということになりますが、正解なのは後頭部です。

ツルツルにはげてる人でも
後頭部だけは髪の毛が生えてたりします。

後頭部は首のすぐ上に位置しているので
血流も十分確保されるし、髪の毛も太くて強い。

最初にシャンプーをつけるべき場所は
前ではなく後頭部なんです。

シャンプー液をつける場所を変えるだけで
頭皮へのダメージを減らすことができます。

自己流のシャンプーって間違いだらけ

sham_000自分で調べて分かったことですが
僕の父親に話したら「マジか!」的に驚いてました。

「シャンプーをデコにつけたらハゲるぞ」
というのは男子にとって
一生を左右する非常に重要なことではないでしょうか。

シャンプーについて詳しく勉強していくと
シャンプーを髪に付けて泡立てるのもダメなんですけどね。

薄毛が気になるからといって
1本1万もする高級シャンプーを使っても
正しいシャンプーをしてなかったら
そんなに効果はないだろうし

M字ハゲって徐々に進行していきますが
毎日の間違ったシャンプーによって
コツコツ積み重ねてる部分も多いと思います。

今やってるシャンプーを見直すのが
M字ハゲ改善の第一歩に繋がるかもしれません!

        2/4 次のページ

頭皮トラブルの人気記事

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントする

*