ネットで噂の”飲む育毛剤”一式を揃えたときのコストしらべ

nomu00育毛剤といえば、
頭皮に直接塗るタイプが一般的ですが

塗るタイプより”飲むタイプ”
これからのスタンダードになりつつあります。

 

AGA治療でも効果が高いのは【飲む育毛剤】

お医者さんから処方される薬をのむことで
身体の内側から治すというイメージです。

スポンサーリンク

 

薄毛だった芸能人でも
フッサフサに戻ってる人がいますよね。

パッと思い浮かぶのが
A上がり決死隊のM迫さん。

薄毛だったころは、頭皮スケスケで
めっちゃ時間をかけてセットしていたそうです。

スカルプDのCMに起用されてから
フサフサの髪の毛を取り戻したようですが

シャンプーだけで、
フサフサに戻るわけないんですよね。

 

頭皮環境を整えるという意味では有効ですが
直接的に毛を生やす効果はありません。

なぜ、生えたかというと、AGA対策として
処方された飲む育毛剤を
飲み続けたからに他なりません。
(おそらく現在進行形で飲んでいると思う)

 

最近ではナイナイのO村さんが
AGAの治療を始めて、髪の毛が生えてきています。

“薬を飲む”ということで
副作用のデメリットはあるものの

髪の毛が生える可能性が高いという情報が
増えるにしたがって
AGA治療を始める人も増えてきています。

 

しかし、気になるのはコスト。

AGA治療にはお金がかかります。

通院するタイプだと、
月1~3万円程度が相場です。

高いわ。

ということで、僕は5年ほど前から
個人輸入で飲む育毛剤を購入しています。

安心を重視するなら、通院タイプで
コスパを重視するなら、ネットがおすすめです。

スポンサーリンク

僕が実践している”飲む育毛剤”はこの3つ

僕がここ5年ほど飲み続けている育毛剤はこの3つ。

育毛シャンプーとか塗るタイプは使ってないので
月に育毛剤にかかるコストはこの3つで完結しています。

それぞれの特徴もさらっと紹介しときます。
※価格は為替により変動

①フィンペシア1mg

nomu01100錠/2934円。

効果
▶抜け毛の進行を早める男性ホルモンの働きを抑制する

育毛のため、というよりか
減っていく髪の毛の量を減らすために飲んでいます。

※詳しくはこちらのリンクから↓↓↓
フィンペシア(Finpecia)1mg キノリンイエローフリー新タイプ

②ミノキシジルタブレット10mg

minotabu00100錠/3294円

効果
▶血管を拡張させる効果がある。

 

元は血圧を下げるために飲まれていたもので
服用していた患者が毛深くなったことで
発毛効果が発見されたというもの。

10mgを購入し、ピルカッターで分割して
半分ずつ飲んでいます。

スネ毛やうでの毛が濃くなりましたが
生え際の産毛が濃くなり、髪の毛も太くなっています。

③L-リジン1000mg

lysine01100錠/2791円

効果
▶ミノキシジルの効果を最大限に高めるサプリメント。

 

最初からこれを併用しているため
単品での効果は分かりませんが

せっかく飲んだミノタブの効果が高まるなら
ということで続けています。

※詳しくはこちらのリンクから↓↓↓
L-リジン(L-Lysine) 1000mg

一日あたりのコストはこんな感じ

フィンペシア → 29円/日
ミノキシジル → 32円/日
Lリジン → 27円/日

29 + 32 + 27 = 88円

自販機やコンビニでジュース買うより安い
というのは、かなりイイですね。

コストの面では通院タイプをはるかに凌駕します。

一日100円ちょっと予算が取れるなら
飲む育毛剤+塗る育毛剤のセットを使ってみるのもいいですね。

※画像をクリックして価格をチェックする↑↑↑

 

日常のケアだけで減ってしまった髪の毛を
復活させようとしても限界があります。

薄毛から復活した芸能人・芸人も
育毛剤を塗りまくったり
高い育毛シャンプーだけではなく
結局は、飲む育毛剤使ってますからね。

日常のヘアケアや薄毛対策と合わせて
飲む育毛剤を試して見る価値はりますよ。

このカテゴリの人気記事

スポンサーリンク

コメントする

*