パーマの後にやっておきたい髪&頭皮ケア!サボると抜け毛が増える?

pama000くせ毛をストレートにしたり
直毛をクルクルくせ毛風にしたり

パーマをかけることで、髪型の幅が広がり
毎日楽しく過ごすことができます。

しかし、

「パーマをするとハゲるぞ」
「カラーをするとハゲるぞ」

という話も、聞いたことがあると思いますが
これは半分正解で半分間違いです。

スポンサーリンク

パーマをかけたり、カラーをすると
髪の毛や頭皮に負担がかかり
抜け毛を促進させることになりますが
全部がハゲに直結するわけでもありません。

 

パーマをかけた後、
髪や頭皮のケアを継続して行うことで
ハゲる可能性を最小限に抑えることができます。

ケアのモチベーションを上げるために
髪や頭皮がどういったダメージを受けてるのかを
確認しておきましょう。

パーマをしたときの髪・頭皮のダメージとは?

2blocks00パーマをかけるとき、
1液・2液と呼ばれる薬剤を髪に浸透させ
髪の形をつくっていくのですが

それぞれの薬剤の役割を簡単に説明すると

【1液】
髪の毛のキューティクルを開き
薬剤が浸透することで、ロッド(カール)のクセを付ける。

【2液】
クセを固定する

 

1液はアルカリ性のため、髪は傷むし
薬液が多く付着した頭皮は
ヒリヒリ・シクシクとした傷みを伴います。

 

以前パーマをかけたときの話ですが

パーマ液が首元に垂れてしまい
拭うのが遅かったせいか、
液が付着した部分の皮膚がかぶれてしまいました。

放置している20分くらいの時間の出来事でしたが

あっという間に赤く炎症しヒリヒリしてました。

※美容師さんがソッコーで薬局に薬を買いに行ってくれて解決しました^ ^

※パーマ液が垂れた原因は、アシスタントの人のタオルの締め方が甘かった為。

パーマの薬液によって確実にダメージを受け
髪の表面はパサパサになり、頭皮は炎症を起こします。

スポンサーリンク

パーマ後にサボらずやりたい髪&頭皮のケア

kekkan01髪や頭皮に受けたダメージは
自動的に回復すると思ってる人が多いですが
加齢によって回復力は劇的に落ちますし

すでに抜け毛や頭皮のトラブルが起きてる場合
なにもケアをせず、のほほんと過ごしていると
それらの症状は加速してしまうかもしれません。

 

パーマをかけることで、
髪や頭皮は確実に負荷がかかっているので
健康な髪を維持するためには継続したケアがマストです。

代表的なケア方法はこの3つ。

①トリートメントをする

eriashi004パーマをかけたあと
髪の毛は驚くほどバッサバサになります。

キューティクルを整えてくれる
傷んだ髪を修復し、地肌を潤わせてくれる
トリートメントをすることが大事です。

ボロボロの髪の毛は切れやすく
ちょっとの摩擦や衝撃でも抜けたりするので
しっかりとケアをしていきましょう。

②シャンプー後はすぐにドライヤーで乾かす

dry00シャンプーの後、自然乾燥で乾かすのではなく
ドライヤーを使って、できるだけ早く乾燥させます。

髪を濡れたままにしておくと、
ニオイを吸着しやすく、頭皮は雑菌が増えます。

③頭皮用の化粧水を使う

炎症を起こした頭皮を、正常に戻すためには
保湿と殺菌が必要不可欠。

頭皮専用の化粧水って、その辺では売ってないので
ネットで買っても安くはありませんが

本気で頭皮のコンディションを整えたい人には
必要不可欠なアイテムです。

 

パーマをかけることでメリットは沢山あります。

セットが劇的にしやすくなるし
おしゃれな髪型で過ごせるし

その一方で、
パーマ液のダメージによる髪や頭皮のケアも
忘れてはいけません!!

【次のページ】髪のパサつき&フケかゆみの原因は?頭皮トラブルは紫外線対策で予防しよう▶▶

       >       

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントする

*