金欠大学生必見!毎月の散髪代美容室代を確実に節約する方法

setsuyaku00大学生になると、自由の範囲が広がりますが
同時に、責任の範囲も広がります。

高校生までの間は、
親から毎月お小遣いを貰えるし、
ケータイ代も払ってもらってたけど

大学生からは
自分のお金は自分で稼ぐスタイルに移行する
というパターンは結構多いのではないでしょうか。

授業・サークル活動・遊びにフル回転すると
必ず立ちはだかるのが「お金」の問題。

スポンサーリンク

 

働く時間を増やせば使えるお金は増えますが

バイトの時間を増やすにも限界がある。

そういう場合は、
毎月にかかる固定費を見直し&整理して
カットできる部分を洗い出すと
金欠問題の解決の糸口が見えてきます。

散髪代・美容室代は大幅カットできる項目

kids02毎月かかる髪の毛のカット代
金欠大学生におすすめの節約項目です。

床屋や美容室、どちらに通った場合でも
平均して1回3000円~4000円くらいの
コストが発生します。

単体で見ると大したことありませんが

これを12ヶ月に換算すると
大学在学期間の4年間、48ヶ月に換算すると
軽視できない額になります。

 

3000円で試算すると

12ヶ月間で36000円
48ヶ月間で144000円

 

いかがでしょうか。

4年間で海外旅行行けるくらいのお金が
髪の毛のメンテナンス代だけで
消費されていることになります。

 

これが半分になるだけでも
スゴイ節約になりますよね(^^)

食費の節約、通信費の節約も大事ですが
まずはココを削ることで
てっとり早く節約することができます。

今回は、具体的な方法を2つ紹介します。

スポンサーリンク

 

おすすめの方法①1000円カットを利用

kids03ここ最近流行っている
1000円でカットできる散髪屋さんで切れば
3000円→1000円にすることができます。

1年間36000円→12000円
4年間144000円→48000円

美容室で切ってもらうよりも
短時間&低価格。

 

カットに特化した店なので、
「短くしてスッキリしたい」
「伸びた髪を切りたい」
という欲求は解消できます。

1000円カットのクオリティに
納得できる人であればオススメです。

おすすめの方法②セルフカット

selfcut_matome00もう一つは自分で散髪をするセルフカット

道具を揃えるのに
お金はかかってしまいますが、

自分の好きなタイミングで
自宅で切ることができます。

 

美容室で切ってもらってるけど
「満足行く仕上がりにならない」
「カットに行くのがだるい」
「1000円カットは嫌だ」
などの理由のは人は、こちらが向いています。

 

self000“自分で自分の髪の毛を切る”
というのも、慣れると抵抗が無くなるし
続ければどんどん技術が上がってくるので
失敗することもほとんどありません。

今流行ってるツーブロック
刈り上げショートヘア
バリカンをメインに使ってできる髪型なので
初心者でもチャレンジしやすいです。

 

self002道具の値段はピンきりですが
ハサミとバリカンは5000円もあれば揃うし

道具が揃ってしまえば、
セルフカットしている間はゼロ円で済みます。

 

1年間36000円→0円(道具代5000円)
4年間144000円→0円(道具代5000円)

ゼロ円まで節約できる可能性があるのは
セルフカットの魅力の1つです。

 

barikan04自分で髪の毛を切れるようになれば
常に新鮮な切りたての髪型を維持できる

ちょっと髪型が崩れたなーと思ったら
数ヶ月に1回のタイミングで
プロに切ってもらえばいいわけで

毎月かかる→数ヶ月に一度

という頻度に抑えることが可能です。
セルフカットに興味のある友達を集めて
お金を出し合って道具を揃えてシェアすれば
初期費用も安く抑えることができます。

 

まとめ

フルタイムで働く社会人と違って、
大学生はスキマ時間で働くのが基本です。

授業がない時間や土日などの休日を使って
バイトするパターン。

そこで稼ぎだしたお金を使って
服を買ったり、飲みに行ったり
サークル旅行したりするわけです。

バイトに明け暮れれば、大学生といえど
まとまったお金を稼ぐことができますが
貴重な時間をアルバイトにのみ費やすのは
有意義な時間の使い方とは言えません。

 

目先のお金欲しさに
授業そっちのけでバイト入れまくって
単位落として留年したり
遊ぶ時間を削って孤立したり

稼ぐことで金欠を解決するパターンだと
貴重な大学4年間が本末転倒な形で消耗することになります。

 

時間を有意義に使うためにも
金欠を働く時間を増やして解決するのではなく
今ある支出を見直すべき。

4年間で10万円以上の節約効果が見込める
散髪代・美容室代は検討する価値アリです(・∀・)/

このカテゴリの人気記事

スポンサーリンク

コメントする

*