セルフカットでツーブロック!後ろと襟足をうまく刈り上げるコツ

back00

最近人気のメンズの髪型
ツーブロックショートですが

美容室でキレイに切ってもらっても
その刈り上げ部分の短さゆえ
4週目に突入する頃には
もっさりと伸びてしまいます。

スポンサーリンク

おしゃれな髪型を維持するためには
こまめに切ること以外解決方法はございません。

 

髪は毎日0.4ミリ伸びると言われていますが
早い人だともっと長く伸びてしまうもの。

伸びる早さをコントロールできればいいんですけどね(-_-;)

 

理想は3週間に一回くらいの割合で
カットしにいきたいもんですが
お金がかかってしまうので
せいぜい一ヶ月に一回くらいですよね。

「刈り上げ部分さえ短くキープできれば…」
そんな方にピッタリな方法は、
自分でバリカンを使ってメンテナンスすることです。

「ちょっと切りてぇな」
と思ったタイミングで切れるのが
セルフカットの醍醐味です。

 

僕は今年でセルフカット歴6年目に入りましたが

3週間に一度の割合で風呂に入る前に
ザーッと切っています。
刈り上げ部分が伸びる前にリセットするので
常に短い状態をキープできています。

ずーっとツーブロックしていると
耳の周りの髪の毛が1cm以上になった時の
違和感・不快感ってはんぱじゃないんですよね。

back01サイドや耳周りは、正面の鏡で確認できるので
比較的簡単なのですが、問題は後頭部や襟足。

目の届かない部分をバリカンで刈り取るのは
かなりの勇気が必要です。(技術もね)

目に見えない部分ですが、
ちょっとしたコツさえ押さえておけば大丈夫(^^)

スポンサーリンク

目に見えない部分をキレイに刈り上げるコツ

洗面台の鏡が三面鏡であれば、
手元が確認できるので安心なのですが
そうでない場合は…怖いですよね。

【失敗】の二文字が頭をよぎります。

ですが、大丈夫です。

バリカンは、アタッチメントの長さで
均一に刈り上げるための道具です。

頭に沿って、真っ直ぐなぞれば
その部分が刈り上げられるだけ。

back03見えない部分をバリカンで刈り上げるときは
刈り上げる部分と残す部分をキッチリと
ブロッキングすること。

バリカンを当てない部分をクリップやゴムで
留めて、髪が下に垂れないようにしましょう。

 

そして、バリカンを当てるとき
バリカンを持ってない方の手で
ツーブロックの境界線をガードします。

指が当たるところでバリカンを止めれば
それ以上刈り上げすぎることは絶対にありません。

襟足部分は曲線になっているので
刈りムラが残りやすく、ちょんちょん毛がハネます。

キレイに仕上げるために、襟足部分を刈るときは

顎を引いて、顔を下に向け
首筋が真っ直ぐ伸びるような姿勢をキープします。

バリカンをゆっくり一定の早さで動かせば
ムラを出すことなく、均一に刈り上げることができます。

back02ハサミで刈り上げたようなグラデーションは
アタッチメントで細かい長さ調整が必要ですが
バリカンの操作に慣れればイケます。
※時間はかかりますが(^O^)

 

後頭部&襟足部分のバリカンは
一見難しそうで、失敗しそうな雰囲気がありますが

手でガードしてしまえば解決します。

 

手のブロックを突破する程
強い力でバリカンを突き上げなければ
失敗する確率はゼロパーセントです。

セルフカットできるようになれば万単位で
お金の節約もできるし、メリットがハンパじゃないので

ぜひぜひチャレンジしてみましょう♪

       2/4 次のページ>

セルフカットに必要な道具の記事もどうぞ

  1. セルフカットのクオリティを上げてくれる”すきバサミ”のおすすめは?
  2. 初心者におすすめバリカンは?選ぶときのポイントはコレ
  3. 自分でツーブロックするときのバリカンの長さは◯◯mmがベスト
スポンサーリンク

コメントする

*