セルフカットのクオリティを上げてくれる”すきバサミ”のおすすめは?

hasami002生活コストの節約のために
自宅で自分の髪の毛を切る、
という人も最近増えています。

バリカンやハサミさえあれば
自分の好きなタイミングで切れる
というのがいいですよね。

スポンサーリンク

 

美容室だったら
いちいち予約しないといけないし

ハズレの美容師にあたったら
思った通りの完成形にならないかもしれない。

プロといえど、ピンキリですからね。

完全にセルフカットにすると
髪を切るコストを丸ごと浮かせることができますが

しかし、自分で自分の髪を切るというのは
リスクもあります。

 

hasami000セルフカットをするときに
初心者が失敗する、心配なことといえば
すきハサミの使い方。

ホームセンターで売ってるような
1000円くらいの安物を使う場、
がっつり削れる(切りすぎる)ことがあります。

ボコっとほげたような感じになるんですよね。

セルフカットするときに、失敗しないためには
それ相当の道具も用意しておきたいところ。

すきバサミは、特に重要な道具になります。

すきバサミの役割

hasami003すきバサミの役割は、主にボリューム調整。

普通のハサミと違うのは
片方の刃がクシ状になっていること。

バツっとハサミを閉じた時に、全て切れず
数パーセントだけを切ることができます。

スキ率の低いハサミほど細かく調整ができ
ナチュラルなボリュームに仕上げることができます。

hasami004ホームセンターとか100均で手に入る
安いすきバサミは、クシの間隔が広いです。

30%とか50%くらいのスキ率なので。
微調整するにも限界があります。

髪を濡らしたまますきバサミを入れると
『マジかよ』と思うくらい切れちゃいます。

そして、そういう安物のやつは切れ味も悪いです。

切れない包丁で料理するとケガをする
なんてよく言いますけどセルフカットも同じ。

安いハサミをすると、失敗する確率は上がります(-.-;)

スポンサーリンク

 

スキ率10%-15%がおすすめ

hasami001すきバサミを買うなら
スキ率の低いものがオススメです。

美容師さんの腰には
何本ものハサミがぶら下がっていますが

切り方に合わせて
色んな使い分けてるんですよね。

hasami001ハサミマニアで
色んなハサミをコレクションしてるわけではなく

普通のハサミでも何本かあり
スキ率の異なるハサミも何本かあります。

 

プロと素人には
“技術の差”はもちろんありますが
使ってる道具の差もあります。

これからもセルフカットを続けるなら
ホームセンターで売ってるような安物よりも
ちょっといいものを揃えておきましょう。

1年も続ければ必ず元はとれます。

Amazonで買えるすきバサミはこちら

普通のはさみと、すきバサミのセット
になってるのがオススメです。

切れ味が全然違います。

道具にこだわってる美容師が使ってるものだと
一丁10万円弱しますが、

これらは美容学生が
練習用で使ってるようなクラスで
ホームセンターのものとは段違いです。

数年単位で持つので、費用対効果もかなり高いです(^^)

↑↑↑スキ率15%

 

↑↑↑スキ率20%

このレベルのすきバサミは
ホームセンターでだと手に入りにくいので
通販が便利ですね(・∀・)

人気のツーブロックのヘアスタイルも
バリカンとハサミがあれば、メンテナンスも楽にできますよ♪

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントする

*