洗髪にシャンプーブラシは危険!使うと抜け毛が加速する理由とは?

burashi00

最近の薄毛改善ブームにより
男性のヘアケア商品は充実していますよね。

ドラッグストアでシャンプーのコーナーを
眺めていると、育毛系のところには
シャンプーブラシ付きのものがあり

いかにも頭皮の汚れをスッキリさっぱり
落としてくれそうな雰囲気がするので
ついつい買ってしまう
という人も多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

僕の実家の風呂場には
3つくらいのシャンプーブラシが転がっています。

シャンプーを買うタイミングで
別のメーカーのを試したくなるので
増えちゃうんですよね〜(-_-;)

burashi04シリコン素材で、少し弾力があり
頭皮をマッサージしながら
毛穴に詰まった皮脂汚れをかき出してくれる

というコンセプトで各メーカーが
しのぎを削って開発したモノなんですが

テレビのCMのような
ゴシゴシと擦るような使い方をしていると
頭皮をピンポイントで傷つけてしまい
頭皮環境改善の足を引っ張る原因になってしまいます。

シャンプーブラシはツメを立てるのと同じ

burashi02シャンプーブラシの先端は結構鋭いので
髪をかき分けて頭皮に直に接触します。

柔らかい素材とはいえ、先端の直径が短いと
針が当っているようなもの。

ゴシゴシと前後に動かすことで
頭皮の汚れを直接掻きだすことができますが
汚れと同時に、頭皮に摩擦が加わります。

 

摩擦が加わってしまうと
これから髪の毛となるために生えてきた
新生毛が、ブラシの刺激によって
育ちきる前に抜けてしまう可能性が高くなります。

スポンサーリンク

正しい使いかた▶頭皮を動かす

burashi01シャンプーは指先を立てて…
というのは、過去の間違ったノウハウで

正しいシャンプーのやり方は
指を頭皮にあてて、頭皮を動かすというもの。

極限まで頭皮への摩擦を抑えた髪様シャンプー
というシャンプーの方法は、薄毛に最も効果の高いやり方です。

>>指の腹で優しく洗うとハゲる?髪様シャンプーで薄毛改善しよう!

 

もしもシャンプーブラシを使うのであれば
ブラシを頭皮につけますが
ブラシ自体をシャカシャカ動かさず
頭皮が動くように意識すること。

決してブラシでこすらないこと。

指よりも細かく頭皮にアプローチ出来る分
摩擦によるダメージも大きくなりますので
細心の注意を払ってブラシを使いましょう!

        2/4 次のページ

頭皮トラブルの人気記事はこちら

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントおまちしております ^_^

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )

コメントする

*