1回のシャンプーで地肌までキレイに洗うなら半身浴+泡立てネットが最強

hanshinyoku00頭皮が乾燥して痒くなったり
頭皮にニキビができたり
かさぶたができたり
じくじくの湿疹ができたり

冬場に悪化しがちな頭皮のトラブル。

治ってはぶり返す悪循環は
シャンプーのしすぎ→頭皮の洗いすぎ
大きく関わっています。

スポンサーリンク

 

シャンプーの回数を1回に減らすことで
頭皮へのダメージは格段に抑えることができます。

しかし、2度洗いに慣れてしまうと
1回のシャンプーでは物足り無さすぎます。

 

ワックスやジェル、スプレー等
何かしらの整髪料で髪型をセットしますが

たった1回シャンプーしたところで
髪のベタベタと汚れを完全に落とす事はできません。

 

aki000ぱーっと髪を濡らして
ビュっとシャンプーを出して
髪の毛につけます。

整髪料のついた髪の毛は
いくらシャンプーを揉み込んでも
一向に泡立つ気配がないので

一旦すすいで
二度目のシャンプーが始まります。

 

これが二度洗いする人のパターンなんですが
この二回目のシャンプーが
頭皮環境を守るために必要な皮脂まで
取り去ってしまい、

慢性的な頭皮トラブルサイクルを
自らの手で発生させてしまうわけです。

 

usuge_shampoo001回目のシャンプーで整髪料を
2回目のシャンプーで髪と頭皮を

という、それぞれに意味をつければ
もっともらしく聞こえるんですが

現実的に頭皮トラブルが繰り返してるなら
この習慣を一度見直すのがおすすめです。

スポンサーリンク

 

一度洗いの不安は”半身浴+泡立てネット”で解消

shampoo_matome00なんといっても
一度洗いの最大のネックは、
あの「洗えてなさ」ではないでしょうか。

二度洗いに慣れていると
完全に洗えてるんやろか、と不安になります。

一般的なシャンプーのやり方で
ただ単純に回数を減らしても
二度洗いのスッキリ感に勝つのは無理ゲー。

そこで僕が実践してる方法を今回紹介します^^

❶半身浴で毛穴をオープン

hanshinyoku01シャンプーをする前に
半身浴で汗を出し、毛穴をしっかり開いて
汚れを落としやすい状態を作ります。

❷しっかりと予洗い

shampoo_ng00予洗いは長めに。

半身浴で汗もジワッとかいていますからね。

頭についてた整髪料と半身浴で出た汗を
しっかりとお湯で洗い流します。

ここで結構ベトベトがとれます。

※「予洗い」はこちらの記事で詳しく
シャンプーは予洗いが命!時間の目安と効果まとめ>>

❸泡立てネットで泡シャンプー

awasham003シャンプー剤を泡立てネットで
ガッツリと泡立て、ふわふわの泡で髪を包み
頭皮にもなじませてしっかり揉み洗い。

awasham02

ネットを使えば、一瞬でふわふわの泡がつくれます^^

 

頭皮に無駄な摩擦を与えない
髪様シャンプーをすることで、
抜け毛も格段に減りました。

指の腹でシャカシャカやったらダメですよ。

※「髪様シャンプー」はこちらの記事で詳しく
指の腹で優しく洗うとハゲる?髪様シャンプーで薄毛改善しよう!>>

一度洗いが頭皮トラブルに効く仕組み

repeat001シャンプーの回数を一回に抑えれば
いつもの二度洗いの時と比べて、
頭皮のバリアとなる皮脂をキープすることができます

 

頭皮の皮脂がなくなると、
皮脂不足とカラダが判断して
過剰に皮脂を出してしまい

その結果、洗ってるのにベタついたり
もんやりとしたあの頭皮臭の原因となります。

 

一度洗いで留めることで
頭皮は皮脂の分泌量が整い
ベタつきも臭いも減ります。

 

バリアで雑菌や乾燥から守ってくれるため
頭皮のコンディションは次第に整い
トラブルのない正常な状態に回復します。

 

これから乾燥する時期に突入するので
普段よりも頭皮がかゆくなったり
フケの量が増えたりし始めます。

「シャンプーが不十分なのかなぁ」
という判断をしてしまい
二度洗いしようもんなら
頭皮の状態は確実に悪化します。

そんなときは、二回のシャンプーよりも
半身浴と泡立てネットを使った
質の高い一回のシャンプーを実践するのがオススメです!

        2/4 次のページ

頭皮トラブルの人気記事

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントする

*