シャンプーのすすぎが1分すら持たない原因と解決方法

eriashi004毎日のシャンプーを改善することは
頭皮トラブルの改善に直結しますが

いろんな所に出てる情報として共通しているのが”すすぎ”

【シャンプーはすすぎが大事・・・】
【しっかりとすすいで・・・】
【3分間かけて洗い流す・・・】

などなど、とにかく”すすぎ”は重要なんですが

普通に生まれて、普通に育っていくなかで
“すすぎの重要性”など、一度も教わることはありません。

スポンサーリンク

 

自分のシャンプーを振り返ってみると
すすぎなんて、泡が落ちたら終わりますよね。

時間にして10〜20秒でしょうか。

最初の5秒位で、目につく泡は流れ落ち
残りの5秒位で、髪の隙間に残った泡を
わちゃわちゃ落とす感じですよね。

 

でも、本とかサイトとかで調べると
【すすぎは3分】とか書いてあります。

 

実際に時間を計ると分かりますが、
シャンプーのすすぎを3分って相当長いです。

 

スマホゲームの3分間は一瞬なのに
お笑い番組眺めてれば3分なんて一瞬なのに

シャンプーのすすぎは、とにかく時間が経たない。

「永遠かよ」
とツッコミを入れたくなるほど遅く感じます。

”しっかりすすぐ”という一見簡単そうなことが
なかなか続かず習慣化できない原因は、
単に【退屈】というものだけではありません。

すすぎが続かない原因▶すすぎの姿勢が辛い

usuge_shampoo00すすぎは、シャンプーの最後の手順です。

一般的なやり方は、シャワーを手にもつか
シャワーを固定して、髪にお湯をかけ流します。

そのときの姿勢というのが、かなり辛く
首と背骨に負担がかかってしまうんです。

 

うつむいてスマホを操作しているとき
背骨には約30kgの負荷がかかると言われています。

すすいでる時
スマホを操作してるときと似てるんですが

スマホのときよりも
頭が前に突き出た前傾の姿勢になっています。

この状態を3分維持するというのは、かなりシンドイです。

 

10秒20秒なら何も感じませんが
30秒→1分→2分と時間が積み重なるにつれて
ストレス・負荷も積み重なり
その姿勢を維持することが辛くなってきます。

しかも退屈のまま。 

これは続けるのが難しいワケだ。

スポンサーリンク

”何分でも耐えられる”すすぎの姿勢とは

こないだふとした瞬間に思いつて
試してみたところ思いのほか楽だった
”すすぎの姿勢”を紹介します。

この姿勢が維持できる条件2つ

①風呂のイス(低すぎない)に座ってる
②シャワーを固定できる

ある程度の高さが必要なため
イスは低すぎないものにしてください。

 

手にシャワーを持つスタイルは
後半に疲れてくるので、固定がオススメ。

デコをひざにつける

全然難しい姿勢ではないのですが(笑)

イスに座るときに、デコをひざにつけて
ペタッと身体を折り畳んだ状態に。

これだけ。

頭の重さをひざが支えてくれるので
何分でも耐えることができます。

両手は自由に動かせるので、
すすぎしながら、しっかりと両手でもみ洗いもできます。

体重の10%程度と言われる頭の重さを
ひざで支えることができるので

首と背骨への負担が圧倒的に減り
楽に姿勢を維持することができます。

お腹周りに肉がつつきすぎてたり
極端に体が固い場合はキビシイかもしれませんが

大体の人ができるハズ。

まとめ

sham_000もう一つの課題である退屈は
歌を歌ったり、音楽を聴いたりして、
すすぎと何か別のことをくっつけることで解決できます。

この姿勢ですすぎをすると、汚れカスが溜まりやすい
後頭部・襟足をしっかりとすすぐことができます。

普通にイスに座って、背筋を伸ばした姿勢で
すすいだときとは違った場所に
シャワーお湯を当てることができるのでおすすめです。

「すすぎがシンドイ(-_-)」という方は
ぜひ試してみてください!

        2/4 次のページ

頭皮トラブルの人気記事

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントする

*