頭皮トラブルを救う!シャンプーのすすぎ時間の目安は何分?

013

アラサーを過ぎたとたんに増えてくる
頭皮トラブル。

 

虫に刺されたわけでもないのに
かきむしりたくなるほど痒くなったり

ニキビみたいな吹き出物が出来たり

シャンプー後や朝起きた後、
抜け毛が増えていたり

 

頭皮のトラブルをそのままにしておくと
やがて薄毛に発展していきます。

スポンサーリンク

 

望んで薄毛になりたいという人は
日本にはほとんどいませんので

現在、頭皮トラブルを抱えているなら
一刻も早く解決し、健康で正常な状態を取り戻しましょう!!

 

↑上に挙げた、よくある頭皮トラブルは
毎日の習慣で生まれたケースが多く

その習慣を見直すことで、
病院に行かなくても改善することができます。

毎日のシャンプーを見直す!

毎日やってるシャンプーの手順は、だいたいこの3つ。

①髪を濡らす
②シャンプー剤でシャカシャカ
③すすぎ

多くの人は
②の洗う部分に一番時間を使います。

ちょっと髪を濡らして
シャンプー剤を泡立てて、全体を洗って
泡が見えなくなるまで流す、という作業。

 

しかし、

 

この中で、一番時間をかけるべきプロセスは③すすぎです。

冒頭に掲げたよくある頭皮トラブルの多くは
シャンプーのすすぎ残しに原因があります。

スポンサーリンク

 

すすぎ残しがダメな理由

シャンプー剤が頭皮に残ると、
頭皮に常駐する雑菌やカビのエサになり
繁殖することで、炎症を引き起こします。

かゆくなったり、湿疹ができるのはコレが原因。

 

老廃物が毛穴に詰まりやすくなり、
太くなるまで毛が育たず、途中で抜けてしまいます。

抜け毛が増えるのはコレが原因。

※詳しくはこちら
頭皮がかゆいのは当たり前?シャンプーの二度洗いがダメな理由>>

理想的なすすぎ時間は3分

シャワーで流しただけでは、すすぎとしては不十分。

泡が見えなくなっても
頭皮には肉眼では見えないカスが残っています。

うじゃうじゃと。

 

目に見えないものまで流しきるため
すすぎに必要な時間は、洗いの時間の3倍
とも言われています。

シャンプーで1分程度洗ってるなら
すすぎの時間は3分以上という計算。

 

ただお湯を頭に当てるのではなく、
髪を全方向からかきあげて
マッサージしながらの3分です。

 

注意したいのは生え際や襟足部分。

eriashi01ここは残りカスがたまりやすい部分なので
入念に流す必要があります。

 

この部分に湿疹がよくできるということは
すすぎ残しがあるという証拠です。

※詳しくはこちら
襟足と後頭部にかゆい湿疹ができた。原因はシャンプーと◯◯?>>

シャンプーはすすぎ命!

日本人は世界的にみても清潔な民族で
毎日風呂に入るし、シャンプーするのも当たり前。

ですが、このシャンプーに
頭皮トラブルの原因があると言われています。

 

現在市場に出回ってるシャンプー剤は
泡立ちもよく洗浄力も高いです。

洗剤としては非常に優れてるものの、
皮膚への負荷もかかってしまいます。

 

現代人はとても忙しいので、
特にすすぎはおろそかになりがち。

「シャンプーはすすぎが命!」ということを
肝に命じて、毎日シャンプーすることで
頭皮トラブルは改善していくでしょう!!

コツコツと継続するのが、解決の近道です(・∀・)

        2/4 次のページ

このカテゴリの人気記事

スポンサーリンク

コメントする

*