ジェル・ワックスで固めない!おしゃれな七三ツーブロックのセット方法

set00今流行の七三ツーブロックは、セットが命。

ガッツリとサイドを刈り上げている場合
きちんとセットしなければ、めちゃくちゃ変な
髪型になってしまいます。

スポンサーリンク

朝ワックスを使ってセットをしても
夕方には髪型が崩れてきます。

女子の化粧直しみたいに
トイレでちょこちょこセットし直すような
マメな男子は少ないです。

 

というか、
外出先にスタイリング剤を携帯するメンズは
少ないですね。荷物になるしメンドイから。

 

ホールド力の強いジェルは、修正がききにくく
一発勝負のようなところがあるので
初心者にはちょっと難しいです。

パリパリに固まるので、シャンプーのときが大変。

 

そこで今回は、
髪が崩れやすいワックス
セットが難しいジェルを使わずにできる

七三ツーブロックのセット方法を紹介します。

スポンサーリンク

スタイリング剤+ケープでセット

①ドライヤー

set02ドライヤーで髪の流れを整えます。

しっかりと分け目を作り
熱を立ち上がる部分に集中して当てます。

set03ツーブロックで中をくり抜いて入る分
サイドは浮きやすいので、ねかせるように
しっかりと押さえながら熱を当てます。

②液体のスタイリング剤でセット

set04液体のスタイリング剤を手に伸ばし
set05髪全体に馴染ませます。

set06後頭部は両手を使って、左右から手ぐしで
クロスするようにスタイリング剤を
髪全体に馴染ませましょう。

浮きやすいサイドを押さえるのがポイントです。

③ケープでホールド

set07立ちあげたい部分を持ち上げて
根本にケープを吹き付けます。

夕方になるとダラリと垂れてくる前髪も
ケープだとサラッと立ち上がりをキープできます。

set08べちゃっとつぶれがちな頭頂部も
髪の毛をとり、根本にケープを吹き付けます。

この部分のボリュームをキープすることで
横からのシルエットもキレイに維持できます。

set09パーツごとのセットが完了したら
最後に全体にシューッとスプレーします。

 

(動画バージョンはこちら)

軽さ+ホールド力を兼ね備えたケープ

set01ケープって女性用というイメージが強いですが
メンズこそ使うべきモノですね。

ワックスやジェルでセットしたとき
重たさが嫌いな人は、ケープがおすすめ。

湿気の多いこれからの時期は
セットが崩れやすくなるので要チェックです!

        2/4 次のページ

このカテゴリの人気記事TOP10

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントする

*