深呼吸で疲れ目解消?スマホの眼精疲労が呼吸で改善するワケ

koutoubu01

スマホやネットで消耗することで
現代人の眼球は、毎日まいにち
負荷がかかり続けています。

スポンサーリンク

 

スマホをみない
ネットをしない

「目を休ませる」というのが
一番効果のあるケア方法なのですが

なかなかそうも行きませんよね。

 

仕事ではパソコンがないと話にならないし
連絡ツールはスマホがメイン

休憩時間はSNSでみんなの投稿をチェック
移動時間はゲームやんないといけないし

 

スマホやパソコンを全く見ないで過ごす
ということは、睡眠時間以外に不可能なレベルになっています。

 

そこで、よくやるのが
マッサージですよね。

顔、頭、耳、首、手などなど
疲れ目に効果のあるツボを押すことで
目のパフォーマンスを取り戻そうとします。

 

しかし
仕事中に、ガッツリ顔のマッサージしてたら
「おい、サボってんじゃねぇ!」
と、上司から警告を食らってしまうかもしれません。

 

そこで身につけておきたい疲れ目解消法は
手を使わずにできる『呼吸法』

目の疲れに悩んでいる人は
何気なくやってる”呼吸”を見直してみましょう!

疲れる→血流不足

目のみならず、肩こり、首こりなど
疲労が溜まってくるという状態は、
血流が不足することで起こってしまいます。

血流が不足することで、緊張状態に陥り
筋肉が固まったり、動きが悪くなります。

 

マッサージをしたり、ツボを刺激することで
血流が改善し、疲れを和らげることができますが

酸素を取り込むことでも、
血流を改善することができます。

疲れがたまっている、というのは、
いわゆる酸素不足の状態。

 

この酸欠状態を解消するには、
『深呼吸』でタップリと酸素を体に取り込むことが重要です。

深呼吸の効果

sleep01深呼吸すると、体に取り込む酸素の量が増えるので

血流が改善します。

 

眠たいときに大きく欠伸(あくび)をしますが
これは、脳の酸欠状態を改善するための反射運動です。

たくさん酸素を取り込むことで、
脳の血流が改善され、眠気が飛んでいくワケですね。

 

大きく背伸びをして、深呼吸すると
頭がスキっとしますが、

「深く吸おう」と意識しなければ、
呼吸は浅いままなので、効果はありません。

深呼吸でたっぷりと酸素を取り組むことで
副交感神経が活発になり、
緊張続きの目の筋肉を緩めてくれるのです。

深呼吸をするときのポイント


深呼吸は、必ず鼻から吸って口から出すこと。

口で吸うと、雑菌やホコリが直接体に入りやすいです。


吸う前に、しっかりと息を吐くこと。
まず息を吐ききることで、次の「吸う」量は
自然と多く・深くなっていきます。


6秒かけて吐くことで、呼吸筋が鍛えられ
呼吸の質が向上します。

スポンサーリンク

 

スマホユーザーは呼吸が浅い

koutoubu02疲れが溜まっているとき、無意識のうちに
呼吸が浅くなる傾向にあります。

スマホを操作してるときを思い出して欲しいんですが

「深く呼吸してるぜ」という認識の人は、
ほぼゼロです。

スマホの画面を見ているときの姿勢は
顔が下がり、前傾で背中が曲がってるので
普通の状態よりも、酸素を取り込みにくくなってるからです。

正しい姿勢を維持するだけでも、
すでに疲れ目対策になります。

深く呼吸するクセがつけば
疲れ目の予防にもなりますし
マッサージなどのも効果も上がります。

いつでも、どこでもできる方法なので
疲れ目で悩んでいる方は
ぜひぜひ取り入れてみてください(・∀・)y

       >      

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントおまちしております ^_^

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Damn, I wish I could think of sonehtimg smart like that!

コメントする

*