毎日生える新生毛をキープするための正しいシャンプーのやり方

shinseimou00毎日頭に生えてくる新生毛は
新生毛というだけあって、不安定で弱々しく
太い髪の毛になるまでに数ヶ月かかります。

スポンサーリンク

 

寿命を全うして抜ける髪の毛は正常なのですが
新生毛が抜けていくと、発毛のサイクルが乱れ
薄毛が進行する原因になってしまいます。

007抜ける毛と生えてくる毛がイコールの状態で
今の髪の量をキープしてるわけですから

新生毛を抜けることなくキープして、
太くしっかりした髪の毛にまで成長させなければ
薄毛の方に近づいていきます。

将来の自分の髪の毛を安定させるためにも、
新生毛対策は欠かすことができません。

 

新生毛対策として、一番有効な方法は
シャンプー。

 

usuge_shampoo00人間の1日の活動の中で
髪の毛に直接触れる時間が最も長いのが
シャンプーなんです。

 

毎日シャンプーしてるけど髪がどんどん減ってる。

抜け毛が減るどころか、どんどん増えてる。オワタ。

こういう人に限って、
シャンプーのやり方が間違ってる可能性が高いです。

逆にいうと
シャンプーの方法を正しく改善すれば
抜け毛が減り、薄毛がよくなる可能性が生まれるということ。

シャンプーだけで改善できるなら
知っておいて損はないハズ!!

ということで、
僕が実践して効果のあったシャンプーを紹介します。

正しいシャンプーは”頭皮を動かす”

shinseimou01新生毛対策の正しいシャンプーとは
摩擦などの余計な負荷がかからない洗い方です。

具体的には、頭皮を動かす。

小さい頃よく指で頭皮を掴んで
前後に小刻みに動かして
「カツラ」とか言って遊んだと思いますが

そのイメージで頭皮を動かします。

 

頭皮に付けた指先をスライドさせると
摩擦が起きてしまうので

指自体の場所を変えないように
力を加えて頭皮をグイグイ動かしていきます。

 

指でシャカシャカ洗うというのが
誰もが知ってる一般的なシャンプーですが

このやり方を続ける限り
汚れはとれたとしても
大事な大事な新生毛も一緒に
排水口に吸い込まれていくでしょう。

※詳しくはこちらの記事を御覧くださいませ
指の腹で優しく洗うとハゲる?髪様シャンプーで薄毛改善しよう!>>

なんで指の腹でシャカシャカはダメなの?

よくあるシャンプーの方法なんですが
ツメを立ないように、指の腹を使ってシャカシャカ
という定番のやつ。

これをやってる方多いと思いますが

これがちょっと間違い。

 

ツメを立てないのは当たり前なんですけども
指の腹を使ってシャカシャカすることで
指と頭皮の間で摩擦が起きてしまいます。

 

前述したとおり、新生毛というのは
これから髪の毛として頑張っていくぞー
という産まれたばかりの毛。

外部からの刺激に超弱いです。

シャンプーのときの指のシャカシャカでも
抜けてしまうくらい弱いのです。

 

指の腹を使ったときの頭皮を洗えてる感は
気持がちいいってのは否定できませんが

新生毛の息の根を止めるには十分な刺激になってしまいます。

二度洗いするって人も多いかと思いますが、
間違った洗い方を続けた場合
抜け毛の数も一度洗いのときの倍になります。

スポンサーリンク

 

早い人だと3ヶ月で効果が現れる

kasabuta00頭皮を動かす洗い方は、
これまでのシャンプーと全く違った方法なので
キレイに洗えてるのか疑問に感じる人も多いかと。

 

でも、大丈夫です。

 

髪の毛の汚れや頭皮の汚れというのは、
お湯だけでも8割とれるというのは有名な話。

ワックスやジェルなどの整髪料を使ったときは
さすがにシャンプー剤が必要になりますが

まず、しっかりとお湯で洗うだけで
大抵の汚れは落ちてくれます。

 

毎日やってるシャンプーのやり方って
美容系の専門学校でないかぎり
教えてもらえる場所がないので

国民のほとんどが自己流でやってると思います。

教えてくれるとしたら、
小さいときに一緒にお風呂に入ってくれてた親くらい。

 

生えたばかりの新生毛が、太くなるのが大体3ヶ月程。

最低でも3ヶ月以上は継続する必要があります。

 

盲目的に自己流のシャンプーをするよりも
きちんと効果のあるシャンプーを実践して

将来の自分のために、新生毛を守っていきましょう!!

       【1/2】次のページ▶▶

スポンサーリンク

コメントする

*