ドライヤーなし!簡単おしゃれに決まる七三分けセット方法

73set00

メンズヘアで今一番のトレンドといえば
七三分けのスタイル。

50年前に流行していた七三ですが

サイドやバックを短く刈り上げ
分け目を数ミリ剃った
現代のアレンジが加わってるので
スーツ以外の服装にもマッチします。

スポンサーリンク

この七三分けはおしゃれなんですが、
きちんとセットできていたら…の話。

set01一昔前に流行っていた無造作ヘアとは違い
きっちりセットできていないと、
カッコ良さは半減どころか1/5くらいに激減します。

セットしてない髪型のままだと
コンビニに行くことすらままならないくらい
謎の髪型になりますからね。

 

美容室や床屋さんで
ばきっとセットしてもらうのとは違い
翌日以降は、自分で毎日セットしなければいけませんが

しっかりセットしようとすると
七三という髪型は、なかなか手間がかかります。

一番手間なのがドライヤー。

set002熱を当ててしっかリと立ち上げないと、
シルエットがキレイにきまらないし
長時間キープできないんですよね。

今回は、忙しい現代人にぴったりな
ドライヤーを使わなくてもキレイにできる
七三分けのセット方法を紹介します♪

※がっつりセットする方法はこちらの記事で
>>おしゃれなメンズ流行ヘア”ネオ七三分け”のスタイリングのコツ

スポンサーリンク

セット方法

ドライヤーをしない分
2種類のワックスを使用してスタイリングします。

73set01髪を濡らした後は、タオルドライで
乾かし過ぎない状態にしておきます。

73set02最初に使うのはホールド力が”ノーマル”のもの。
手にしっかり伸ばして、髪全体に揉み込み
ムラがないように手ぐしを何度も通して行きましょう。

73set03髪につける前に、
しっかり手のひらで伸ばすのがポイント。
ワックスの塊が残りにくくなります。

73set04ある程度伸びたら、クシで更に均一に。
これで下地が完成します。

73set05仕上げに使うワックスは、光沢のあるものを。
ベースですでにワックスを浸透させてるので
量は少なめでOKです。

73set06ベタっと髪を潰さないように
サクッと髪に馴染ませていきます。

73set07分け目をきっちりと押さえましょう。
耳側は髪が短くなる分、ハネたりしやすいので
見落とさないように!!

73set08ワックスが馴染み、髪が乾いてくると
立ち上がるようになってくるので
クシでふんわり持ち上げて
外側部分を立体的に仕上げていきます。

73set09質感の違うワックスを合わせて使うことで
ドライヤーをしたときのような
シルエットを再現できます。

73set10フロント部分が適度に立ち上がってるのが
カッコイイですよね!!

73set11ドライヤー無し&ワックスのみなので、
キープ力を高めるなら、ハード系のスプレーで
固めてしまうのもいいですね。

ドライヤーできっちりやったときと
見劣りしない仕上がりになります。

まとめ

トップの髪が長いバージョンの七三だと
ドライヤーは必須になりますが

ショートの七三分けなら、こんな感じで
ドライヤーを使わなくてもセットできるので
寝坊してしまった朝でも、なんとかなりますね♪

七三分けは、手のかかる髪型ですが
大変な分おしゃれでカッコよくなるので
セットのスキルは磨いていきましょう(^^)/

        2/4 次のページ

このカテゴリの人気記事TOP10

スポンサーリンク

コメントする

*