長引くスマホ頭痛の原因のストレートネックとはどんな状態?

s_neck00

スマホを毎日長時間使うユーザーを悩ませるのが頭痛。

目の使いすぎによって、頭痛は起こりますが

同じ長時間スマホを使ってる人の中には
頭痛とは無縁の人もいます。

スポンサーリンク

 

その人が、
頭痛に対して耐性があるわけではなく、
スマホを操作しているときの姿勢にあります。

 

人間の頭の重さは、
平均すると体重の10%ほど言われています。

体重65kgの僕の頭の重さは、約6.5kg前後。

頭のデカイ人は、もっと重くなるでしょうけども。

 

姿勢が正しい人とそうでない人、
同じ時間スマホを扱った場合への
体への負担はケタ違いです。

頭痛が悩みという人の多くは
背筋が曲がり、顎が突き出た状態で
長時間スマホを操作しています。

 

一番厄介なのが、
無意識でこの姿勢を維持し続けるといこと。

スマホを操作するときの法律なんてないし
姿勢が悪くても、注意してくれる人がいないので
自分で気をつけるしかありません。

 

スマホを長時間使って起こる頭痛は
目の疲れだけではなく、使用時の姿勢も原因になっています。

首や肩や背中のコリが激しく、血流は最悪状態。

目の疲れも促進させてしまいます。

ストレートネックとはどんな状態

s_neck01通常、人間の骨格は緩やかに湾曲していて
あらゆる衝撃を和らげるような構造になっていて

大事な首の骨も、実は緩やかにカーブしています。

このカーブによって頭の重さが分散するので、
姿勢が正しい状態で疲れることはありません。

s_neck02姿勢の悪い状態で
長時間スマホを操作することで、
このカーブが真っ直ぐになってしまう状態を

「ストレートネック」と呼びます。

首の骨が真っ直ぐになってしまうと、
頭の圧力を分散することができなくなり
首の筋肉や骨に大きな負担をかけてしまいます。

デスクワーカーも要注意

s_neck03長時間パソコンで作業する人も、要注意。

慢性的に頭が痛くなってしまう人は、
ストレートネックになっている可能性が高いです。

夜ネットサーフィンを何時間もする人はドンピシャ。

思考停止状態で色んなページを徘徊してるとき
姿勢のことなんて頭にないですもんね。

スポンサーリンク

 

まずは姿勢を正しく!

長引く頭痛で原因がわからないため、
脳神経外科を受診する人もいるようですが

ストレートネックが原因であれば
病院に行かずとも改善・予防することができます。

jump02一番効果のある改善方法は、姿勢を正しくすること。

スマホの画面を眺める時っていうのは、
大抵前かがみ。

頭だけが下がり、
一瞬でストレートネック状態が完成します。

スマホを操作するたびに、
「今の姿勢がどうなのか」というのを
意識するようにましましょう(^O^)

       >       

スポンサーリンク

コメントする

*