スマホ&ネットのしすぎで薄毛に?最近若ハゲが急増している理由

wakahage00

IT技術の進歩によって、生活が便利になっていく一方で

薄毛で悩む人の数が増加しています。

 

しかも10代後半の超若者の数が。

スポンサーリンク

悩み系の掲示板を覗いてみると
高校生くらいの年代の書き込みをよく見かけます。

これにはスマホやインターネットの流行と
非常に根深い関係があると言われています。

目の疲れ→頭皮の血流不足→薄毛

shiwa00年齢性別を問わず、目は疲れるものです。

目に疲れがたまると、
前頭筋などの頭の筋肉が凝り固まり
頭皮への血流が悪化し
薄毛を引き起こす原因になります。

※眼視疲労と薄毛の関係はこちらで詳しく
眉間にしわを寄せるとハゲる?目の疲れと薄毛の意外な関係>>

 

中高生にスマホが浸透している現在、
目を酷使している若者が
何万という単位で増え続けているのですが

スマホを使えば使うほど
ネットをすればするほど

目は消耗し、血流不足を引き起こしてしまいます。

 

眼精疲労→血行不良→薄毛

という方程式に当てはまるのは中年よりもむしろ、

スマホにどっぷり使ってる若者世代の方が多いと考えられます。

スマホ登場で若い世代に浸透しすぎた

wakahage01インターネットが暮らしを変え
スマホが登場したここ5年くらいで
さらに劇的に変わっていっています。

インターネットで調べたり買い物したり
動画をみたり、SNSしたり、というのは
これまでパソコンが必要でしたが、それも昔の話。

 

スマートフォンがパソコンの役割を果たすようになり、

何もかもがスマホ1台で完結するようになりました。

 

移動中や休憩時間中は
常にスマホの画面見ている状態。

スマホがなかったら今の生活は成り立たない
スマホ中毒的な人も多いです。

 

スマホを持ってる世代も
どんどん若くなっていて

今どきの中学生・高校生は
バリバリ使いこなします。

 

スマホを長時間扱うことで
”目”にはとんでもない負担がかかるのですが

眼精疲労を抱える年齢がスマホの普及と共に
年々早まっている、というわけです。

 

今の10代20代前半の人の20年30年後の姿は
今よりも薄毛の人が多くなるだろうと予想できます。

スポンサーリンク

 

スマホ・PCで目は常にグロッキー状態

wakahage02よく小さいころ、ゲームをしすぎると
親に「目が悪くなるぞ」とか怒られましたが

目に疲れを溜めたままにしておくと
視力が悪くなるどころではありません。

 

“目は心臓の次に休まず働く臓器”
と言われている通り、

眠っている時間以外、
目はモノを見続けようとしています。

 

遠くのものがぼやけてしまったり
かすんでハッキリ見えなくなると

眉間にしわをよせて、更によく見えるよう
常に最適化してくれます。

 

スマホやPCを長時間操作していると
目には疲労がドンドンたまっていきます。

夢中になるあまり、そのことを忘れがちですが
目の疲労をきちんと取る”ということは、
視力だけでなく、薄毛予防という観点からも大切なことです。

 

これから髪の毛を守っていくには(薄毛予防するには)

スマホやネットから、いかに離れる時間を作るか

というのがポイントになります。

 

一日の使用時間を減らしたり
マッサージしてストレスを解消したり

スマホやネットはとても便利で
これからも生活とは切り離すことはできませんが

良いバランスを保って使っていきましょう!

       【1/2】次のページ▶▶

スポンサーリンク

コメントする

*