スマホ頭痛を解消!眼精疲労に効く後頭部のツボ(玉枕)はココ

koutoubu00

スマホやパソコンを長時間使っていると、

首が痛くなったり
肩が凝ってしまったり
目がかすんでしまったり

フィジカルに影響が出てしまいます。

スポンサーリンク

 

スマホの液晶ディスプレイに使われてる
LEDライトの青色光が眼にとっては明るすぎて
疲れちゃうわけですね。

ゲームや動画、SNSを眺めたり
LINEでやりとりしたり

細々としたモノをひっくるめると
一日の中でスマホの画面を注視してる時間は
数時間にも及びます。

 

どっかのニュースで見ましたが
日本人の中で最もスマホを利用してるでろう
女子高校生(通称JK)という種族は

一日平均7時間も使っているそうです。

 

koutoubu02一日8時間寝る人だったら
起きてる16時間のうちの
およそ1/3以上はスマホの画面しか見てない
ってことになります。

目が開いてる7時間のうち
4インチ5インチの小さな世界でしか
モノを見ていないってのもなんかアレですよね。

 

一日7時間使ってるってことは

一週間だと49/168時間
一ヶ月だと210/720時間
一年だと2555/8760時間

一年のうち、106日間
スマホの画面を見てる計算になります。

うーむ。

 

いくら回復力の高い若い世代とはいっても
目にかかる負担は半端なじゃないだろうなーと思います。

スマホ頭痛はマジで辛い

koutoubu01僕のように30歳くらいになると
こんなに長時間見てられません。

目の疲れがたまると、頭痛がしてくるようになります。

 

こうなると、目を開ける事自体が辛くて
モノを見るという作業自体が苦痛になってくるんですよね。

 

特にスマホとかパソコンとか、
ブルーライト系はストレスでしかありません。

頭痛&吐き気のコンボは最悪。コワイ

 

スマホは便利な道具なのは認めますが
目のスタミナをかなり消費してしまうもの。

 

30代を超えた世代は(若い世代ももちろん)
疲労がたまらないような使い方をするのが
今後の課題になってきます。

頭痛予防に後頭部にある2つのツボを押そう

目の疲れは、血流不良を改善することで
回復させることができます。

眼精疲労に効く眉毛のツボはこちら>>

頭には色々なツボがありますが、
今回は後頭部に絞って紹介します!!

①玉枕(ぎょくちん)

koutoubu03文字通り、仰向けに寝た時
枕がちょうど当たる場所がぎょくちんです。

スマホで目を酷使してる人は
この周辺が凝り固まっています。

ズーンと響く痛みの部分を指圧すると効きます。

後頭筋の血流もよくなり
頭皮の血行が改善されるので、
薄毛対策にも効果があると言われてるツボ。

②風池

koutoubu04後頭部の生え際部分。
首の筋肉から外側に1センチくらい外れた場所にあり

即効性が高く、ピンポイントで指圧すれば
一時的に視界がはっきりします。

3~5秒押す→休む→押す…
を繰り返すと、首元や後頭部がスッキリします。

寝る前にマッサージするとよく眠れるそう。

スポンサーリンク

 

後頭部のマッサージは気持ちイイ

massage00後頭部のツボがオススメの理由は、
押していて気持ちがイイし即効性があります。

マッサージは、誰かにやってもらうのが
一番気持ちイイんですけど
後頭部は自分でやっても気持ちいいです。

 

顔の前面のツボは痛い場合が多い(x_x)

 

1分もあればスグにできるので
スキマ時間にスマホを扱うんじゃなく
後頭部のマッサージも挟むようにすれば

目が見えづらくなったり
頭痛がすることも少なくなるでしょう♪

       【1/2】次のページ▶▶

スポンサーリンク

コメントする

*