頭皮が真っ赤っかになる原因まとめ!それは抜け毛のサインかも

002頭がチクチク、ムズがゆくなっているとき、
髪をかき分けて頭皮を観察してみてください。

頭皮が赤くなっていたら、それは異常のサインです

スポンサーリンク

 

原因を知り、対策することで
病院に行かずに症状を改善できますので
まずは、なぜ赤くなっているのかを知りましょう!

頭皮が赤くなる原因

頭皮が赤くなる原因は大きく分けて3つに分類できます。

①ストレス

肉体的・精神的な疲労が蓄積すると、
湿疹となって頭皮に現れることがあります。

これはストレスによる血流不足が原因。

血の巡りが悪くなると
頭皮に栄養が行き渡りにくくなります。

栄養が不足する頭皮は、毛が育ちません。
毛根はげっそりと痩せ、頭皮は水分を失い
乾燥をカバーするために皮脂が過剰に放出されます。

過剰な皮脂は、頭皮に生息する菌のエサになり
かゆみや炎症を引き起こす原因となります。

※こちらで詳しく
頭皮のかさぶたの原因とは?皮膚科に行かなきゃ治らないの?▶▶

②シャンプー等による”かぶれ”や湿疹

市販のシャンプーやリンス、ワックスなどが
頭皮に合ってない場合、皮膚に炎症がおきます。

 

人間は年々体質が変わっていく生き物です。
若いころは問題なかったとしても、加齢とともに
体質に合わなくなってくることがよくあります。

 

また、市販のシャンプーは基本的に洗浄力が高く
頭皮に必要な皮脂まで取り去ることがあります。

頭皮を守るのに必要な皮脂が失われると
ダイレクトでダメージを受けることになり、
結果として頭皮がかぶれたり湿疹が出たりします。

③紫外線

頭皮は紫外線の影響を受けやすいパーツです。

夏場、長時間外にいるとき、
頭皮は大量の紫外線を浴び続けることになります。

肌が日焼けすると赤くなるように、
頭皮も太陽の熱や紫外線でダメージを受けます。

健康な頭皮の状態

00201健康な頭皮の状態とは、白い状態。青白い感じです。

頭皮は人間の身体の中で一番高いところにあり、
血管も細いので、もともと血流はよくありません。

信号機と同じように、頭皮が赤くなっていたら

【赤信号=異常のサイン】と捉えて、
改善するように行動しましょう!

スポンサーリンク

 

放置すると毛が抜けてくよ

repeat000放っておけば治るだろ!」と
自然治癒力に丸投げする人も多いですが、

頭皮の赤み問題は、予想以上に根深く
なかなか治らないのが特徴です。

 

症状が改善しない状態が続くと
頭皮環境はガンガン悪化していきます。

 

血流不足で頭皮がカチカチになり、
炎症や湿疹で、かゆくなります。

掻くと頭皮に傷が入り、皮脂が多めに分泌され
フケが大量に発生します。

 

皮脂が増えると、毛穴がつまり毛が育たないので

抜け毛が増える→はげていく

ハゲる→ストレス→血流不足→抜け毛→ハゲる→ストレス…

 

軽い気持ちで放置すると、
地獄のような負のスパイルが始まり、
気づいた時には抜け出せなくなります。

今ある髪の毛を少しでも長い間保つためにも
頭皮の赤みとは徹底的に闘う必要があります!!

         3/4 次のページ

頭皮トラブルの人気記事

スポンサーリンク

コメントする

*