頭皮の血行不良が起きる原因は?放置してると薄毛が進むぞ

015

頭皮の血行不良はなぜ起きるのでしょうか?

寝て、起きて、ご飯食べて、働いて、
お風呂に入って、寝て

普通の生活をしているだけなのに、
頭皮の血流は悪くなってしまいます。

スポンサーリンク

 

30歳も過ぎると、
身体にいろんな変化が出てくるとは聞いていましたが…

慢性的な頭皮の血行不良は、薄毛の原因になります。

 

何も改善しなければ、命の次に大事な髪の毛が
ポトリポトリと抜けていくだけ。

 

60代で髪の毛フサフサの
カッコいいお爺ちゃん

が目標の僕としては、頭皮の血行不良問題は
早急に解決しなければいけません。

 

あと30年、しっかりと髪をキープしたい

ということは、
今から血流不足でつまずいてるわけにはいかないのです!

目標(夢)を実現するためにも、
今からケアをすることが大事 。

 

正しい方法でケアするためにも、
まずは血行不良がなぜ起きるのか
原因を知ることから始めるとします。

頭皮の血行不良になる4つの原因

①ストレス

身体の内面をコントロールしてくれる
自律神経はストレスの影響を強く受けてしまいます。

イライラしたり、嫌なことがあると
自律神経は乱れ、全身の血流のバランスが崩れます。

頭皮に届くはずだった血液は、
内臓や筋肉に優先的に送られるので
結果、頭皮は血行不良に。

 

②首こり肩こり

パソコンやスマホが流行っていることもあり
現代人にとって、首や肩は疲れが溜まりやすいパーツ。

この部分が凝っている=血流不足

の状態であれば、頭皮に届く血液の量は
少なくなってしまいます。

③運動不足

運動する習慣がない人は、
血液がドロドロになってる場合が多いです。

運動不足の人は、ストレスも溜め込んでる場合が多く
いいことは一つもありません。

運動して、しっかりと汗をかくことで
ストレスも発散し、自律神経の働きも整います。

 

④タバコ

タバコに含まれるニコチンは、
毛細血管を収縮させるという頭皮にとっては
最悪の影響を与えるもの。

毛細血管が収縮してしまうと
本来毛根への運ばれるハズだった血液の量が
届かなくなるので、栄養不足が起きます。

栄養が不足している毛根の毛は、やせ細り
やがて抜けてしまうでしょう。

スポンサーリンク

 

健康な身体を取り戻そう

健康と血行はセット。

頭皮が血行不良の状態で、
健康な身体とはいえません。

身体が健康でありさえすれば、血流もろとも
全てが正常になります。

 

原因を見る限り
運動を取り入れるのが改善のカギになります。

運動することで、ストレス解消にもなるし
身体がほぐれるので、かたや首のコリも解消できそう。

※タバコを辞めるのは言うまでもありませんけども

 

毎日、運動するようになれば
自然と健康な身体を取り戻せるという話です。

薄毛対策で一番効果があるのは
毎日の運動かもしれませんね(・∀・)

         1/4 次のページ

“髪の悩み”の人気記事

スポンサーリンク

コメントする

*