梅雨のくせ毛対策!うねる髪をおしゃれにセットするコツ【メンズ髪型】

kusege00湿気が多い梅雨の時期は、
くせ毛男子にとって悩ましい季節。

ジェルやワックスで時間をかけて
どんだけ丁寧にセットしても
すーぐ微妙な感じになってしまいますよね。

 

そこで今回の記事では
悩ましい梅雨を乗り切るための対策と
おしゃれなメンズ髪型を紹介します。

スポンサーリンク

髪の毛は空気中の水分を吸収すると
ウネウネと不規則な形状になります。

 

スタイリング剤を使わず、
ドライヤーのみでセットしている人は、
前髪がキュルキュルになったりしますよね。

 

ワックスやジェルを使わない中学生時代
うねる前髪がコンプレックスだった友達の一人は

毎日ドライヤーで伸ばしに伸ばしていました。

 

熱で赤く焼けるくらい、入念に。

 

そんなコツコツとした努力をしても
雨が降るとちゃーんとうねるんですよね(-_-;)

結局髪がボロボロに傷んだだけという。

 

経済力も無く、校則の厳しい思春期の学生には
梅雨の湿気が反り立つ壁のごとく立ちはだかるのでした。

スポンサーリンク

梅雨の時期クセが強い人の共通点

そんな甘酸っぱい思い出を作ってくれた梅雨の湿気ですが

髪がウネウネする人に共通していたことは2つ。

①中途半端に長めの髪型

髪が長くなると、水分をキャッチする表面積が
増えてしまうため、よりクセが出ます。

≒坊主のようなベリーショートだと
ウネウネする余地がありません。

②前髪を下ろしてデコを隠していた

前髪を下ろす額を隠すタイプの髪型の人。

髪を下ろす時点で、ある程度の長さがあるので
うねってしまうのも致し方無いわけです。

くせ毛を活かした梅雨おすすめの髪型→デコを出す

kusege02梅雨のくせ毛問題を一番簡単に解決する方法は
髪の長さを短くすること。

アスリートのようなベリーショートだと
清潔感もあるし、セット自体ほとんど必要ないのでラク。

カッコイイ髪型をキープするために
月イチくらい(3週間が理想)でカットする
必要はありますが、クセ毛問題から解放されます。

kusege014cm以上の髪の長さの場合は、
セットを変えることで解決できます。

前髪を下ろすパターンの人は
思いきってアップして、デコを全開に。

クセが出ても、パーマっぽくなり
逆にいい感じになることもあります。

 

生え際の薄い人ほど髪を下ろしがち、
クセの強い人ほど髪を下ろしがちです。

でも実は、逆にデコを出すことで
薄毛は目立たなくなるし、クセは活かすことができます。

 

“クセを隠そう”▶︎”クセを活かそう”へ

クセを隠そう→クセを活かそう

というメンタル面での切り替えも必要です。

デコを出すセットをするようになると
「こういうのもアリだな」なんて
マンザラでもない自分を発見できるかもしれません。

 

クセを隠すために時間をかけていたのが
馬鹿らしくなってくるかも(・∀・)

 

くせ毛の人ほど真っ直ぐなストレートヘアに
憧れを持つ傾向にありますが

頑固なストレートヘアの持ち主は
くせ毛の人に憧れてたりしますからね。

 

PS
ストレートパーマで前髪だけ真っ直ぐにする人もいますが、

あの髪型って不自然で女子ウケも悪いのでオススメしません。

【次のページ】ジェル・ワックスで固めない!おしゃれな七三ツーブロックのセット方法▶▶

       >       

スポンサーリンク

コメントする

*