手遅れになる前に!海やプール後に絶対欠やるべき髪のケア

hiyake00夏になると海水浴やプールで遊ぶ機会が増えますが
髪の毛のケアはきちんと行っていますか?

夏のレジャーを満喫した後は
きちんとしたヘアケアをしないと
パサパサ・ボロボロの髪の毛になってしまいます。

秋に抜け毛が増えてしまう原因にもなるので
しっかりとヘアケアしておきましょう!

スポンサーリンク

海水には塩分が
プールの水には塩素が

どちらも髪の毛にとっては大敵で
海やプールで遊んだとき、髪には過度なストレスがかかります。

ストレスというか、
物理ダメージと言った方がしっくりくる(-_-;)

 

海水を浴びた髪の毛は、浸透圧の影響で水分が抜け
乾燥してパッサパサになってしまいます。

髪がプツプツと切れやすくなってしまうのは
海水が髪の毛の成分であるタンパク質を溶かし
ダメージを与えているためです。

夏のレジャーは楽しくて
ついつい細かいことは忘れがちですが

その日のうちに
できるだけ早くケアをする必要があります。

 

髪の毛は水に濡れるダメージだけでなく

日中強い日差しを浴び続けているため
紫外線によるダメージもプラスされます。

さらに、太陽の光も水面に反射して
下から浴びているので、ダメージ量は半端じゃありません。

上からも下からも水からも。

ヘアケアをサボってしまうと
たった数時間でウソみたいに髪がボロボロになってしまいます。

スポンサーリンク

海水浴・プール後に必ずやるべきヘアケア

海水をかけて放置した鉄は、ジワジワ錆びていきますよね。

海水がかかったままの髪の毛を放置することで
サビはしませんが、ボロボロに劣化していきます。

 

夏のレジャーでは髪が濡れるのは仕方がないので
できるだけ早く、真水でしっかり洗い流すこと。

髪の毛についた塩分・塩素を落すことが絶対に必要です。

 

hiyake02『シャワーがないから家に帰ってやろう』
そういって後回しにすることってあると思いますが
毎秒ごとに髪がボロボロになってることを頭に入れておきましょう。

 

塩分・紫外線でダメージを受けてる髪の毛は
乾燥がグイグイと進んでいる状態なので
トリートメントで保湿することも大事。

 

nukege002髪の毛だけではなく、頭皮もダメージを受けてるので
シャンプー後は化粧水などでケアしておきましょう。

帽子を被ったり、髪を水に浸けないというのは
基本過ぎますが

ダメージを最小限におさえてくれる
非常に効果のあるヘアケアの方法です。

まとめ

  • なるべく髪の毛を濡らさないようにする
  • 濡らさなくても、潮風で髪の毛に塩分が付いている
  • 真水で洗い流す。塩分を髪に残さない。
  • 保湿する。紫外線でキューティクルは壊れる

【次のページ】海水は危険?海水浴後に髪の色を落とさないためのヘアケア方法▶▶

       >       

スポンサーリンク

コメントする

*