10代でも薄毛は始まる?薄毛の始まりは生え際の産毛で分かる!

ubuge00

yahoo知恵袋などで薄毛関連の投稿を見ると
中学生や高校生、大学1年の10代でも
薄毛に悩んでいる方が結構います。

 

青春真っ盛りな10代で
薄毛に悩んでいるなんて…

スポンサーリンク

 

人事に感じるかもしれませんが、
20代前半で自分の薄毛に気づいた僕は
どうしても人事とは思えません。

思考の大半を自分の薄毛への不安に持っていかれるので

超ストレスを感じるんですよね。

 

この年ごろは自由に使えるお金もないです。

皮膚科に行けばAGAの治療を受けられますが
治療費は1万円/月以上かかるので
気軽に通えるものでもありません。

ただただ悩むしかない、という
地獄のような時間を過ごさざるをえません。

 

10代は身体が未発達なので、
成長にともなって、髪の毛の生え方とかも
多少変化してきます。

その微妙な変化を「薄くなった」と
勘違いするパターンも多いのですが

30歳位で地肌が見えるくらい仕上がってる人は
10代後半や20代前半で薄毛の前兆が出ています。

今10代で、自分の髪に自身がない人は
髪の毛の産毛の部分を見てみれば、
薄毛が始まってるのかどうかが分かります。

チェックポイント▶生え際の産毛

ubuge02僕は自分の薄毛に気づいた大学時代
レジのバイトをしながら、
何千人ものお客さんの頭を観察し続けた結果
ハゲるタイプとハゲないタイプが分かるようになりました。

 

接客しながら、ばれないように
お客さんの生え際を観察しまくっていると

前髪が割れてる人、若いのに薄い人の生え際には
産毛が一本も存在せず、つるつるとしています。

 

そういう人たちは
脂っぽく光っているか、赤く炎症を起こしている場合がほとんど。

逆に、年をとってるのにフサフサな人は
生え際に産毛がビッチリと生えています。

 

同級生や先輩、後輩など、
あらゆる人を観察しているのですが

生え際に産毛が残っている人は
未だにビッチリ生えていて

当時、生え際に産毛がなかった人は
薄毛がガッツリ進行していました。

スポンサーリンク

 

生え際の産毛は要観察

ubuge01僕自身、自分の薄毛に気づいたのは
大学3年生(21)のとき。

前髪がパックリ割れて、
「なんでハゲてるみたいになるの?」
と頭をマジマジと観察したのがキッカケです。

そのときに
成人式のときにあったはずの生え際の産毛が
一本もなくなっていたことに気づいたのです。

クシで分けてみると明らかなんですが

ビッチリ規則的に生えていた前髪は不規則で
ボコっと生えてない部分が出てきたりすると
前髪が割れてしまうのです。

 

そこからしばらく苦悩が続くわけですが

「自分が薄毛なのでは?」と早く気付けば
対策も早く行えるので、結果的に復活も早いです。

人事と思って「いや、オレは違うんだ」と
受け入れないまま放置しておくと、
気づいたときには取り返しのつかいない状態まで進行してしまいます。

早めの対策が肝になるので、
生え際の産毛の状態は、画像に残したりして
定期的にチェックすることをオススメします

       >       

スポンサーリンク

コメントする

*