薄毛に繋がる食事の習慣とは?ハゲを改善するための食事ルール

shokuji00

僕達人間が生きていくためには
毎日食事を取らなくてはいけません。

一日三食きちんと食べることが健康の証
戦後から続く日本の常識です。

スポンサーリンク

しかし、現在この食事の習慣が
薄毛の原因の一つとも言われています。

 

「ハゲるのは遺伝のせい」ではなく、
多くの場合は生活習慣が密接に関係しています

もちろん、遺伝的にハゲちゃうパターンもあるだろうけど

 

家族に薄毛の人がいないのに
自分だけめちゃくちゃハゲてたり

という事例がここ最近増加傾向にあります。

 

遺伝でハゲるのは嫌だけど、
生活習慣でハゲが進むのは納得がいきませんよね。

だって、
自分次第でコントロールできるってことだから。

てなわけで、今回は
薄毛に繋がる食習慣をまとめてみました。

薄毛に繋がる食習慣とは

shokuji01薄毛に繋がる食習慣とは、

ずばり食べ過ぎ。

 

暴飲暴食はもちろんのこと、
暴飲暴食未満の食事も薄毛に繋がります。

 

“腹八分目”が最適というのは、
もう耳タコのフレーズだと思いますが

はたしてコレを毎日毎食やれてる人は
おじいちゃん・おばあちゃん以外で
一体何人いるのでしょうか?

 

仕事で疲れたときや
ストレスを発散したいときなど
特に沢山食べがちです。

 

しかも夜に。

 

食事をすると、栄養素を吸収しやすくするために

胃に入った食べ物を消化しなければいけません。

 

フルパワーで内蔵を動かすために、
身体中の血液が内蔵に送り込まれます。

食後に眠気がくる原因の一つがコレ。

 

脳に行く血液量が減るために
食後は急激に睡魔がやってきます。

脳への血液が不足するのなら、
頭皮に血液が行くはずないですよね。

血行不良は最悪(チョベリバ)

髪の毛が髪の毛としての地位を維持できるのは
血液中に含まれる栄養のおかげ。

食事によって、消化器官に血液が集中する分
末端のパーツは血流不足が起こってしまいます。

【食べ過ぎ】
薄毛の大敵である血行不良を
慢性的に引き起こす要因といえます。

薄毛を改善する食事ルール

shokuji02

①腹八分目の食事

一度に消化する食べ物の量を減らすことで、
内蔵が動いてる時間を減らすことができます。

②一口30回以上噛む

よく噛むことで、消化しやすくなり
胃腸への負担をグッと減らすことができます。

③ゆっくり食べる

20分以上かけて、ゆっくり食べることで
少ない量でお腹いっぱいになります。

食べる量を減らすことにも繋がるので、
ガツガツ早食いは今日で卒業しましょう。

④消化にいいものを食べる

肉やジャンクフードばかりじゃなく、
野菜も沢山食べましょう!!

スポンサーリンク

 

まずは身体を健康に!!

薄毛というものは、
いくつもの要因が複雑に絡み合って起こるものです。

身体のコンディションを最適化する
というのは、最も有効な対策になります。

食べ過ぎや飲み過ぎ、夜遅い時間帯の食事は
身体のコンディションを大きく下げてしまいます。

 

健康な身体づくりには、
食事・運動・睡眠が必要ですが
まず着手したいのが、食事です。

 

いくら運動しても、食事がダメなら改善しないし

いい食事をしないと、良い睡眠に繋がりません。

 

運動をするまえに、睡眠がどうのこうの言う前に

まずは食事から見直していきましょう♪(・∀・)

         1/4 次のページ

“髪の悩み”の人気記事

スポンサーリンク

コメントする

*