若ハゲなのにモテてる人の2つの特徴。薄毛でモテる人とモテない人との差は?

2blocks01髪の毛って、その人のキャラクターや
身だしなみを決定づけるもの。

化粧をしない男子にとっては
自分というものを最大限にアピールする
最も大事なパーツになります。

しかし、あって当たり前の髪の毛は
早い人だと20代でガッツリ抜ける場合もあります。

スポンサーリンク

50代60代でハゲてしまうのは
年齢的にも納得がいきますが

若い時期は死活問題。

恋愛や結婚を控えている年代にとっては
その後の人生を左右するほどの転機になります。

 

海外と違って、日本はハゲに厳しい国です。

イジられたり、いじめられたり
目印にされたり、バカにされたり

はっきり言って、マイナス面しかありません。

若ハゲ=終わり なのか・・・
こういうネガティブなイメージが強いです。

 

でも、世の中には、
若くして薄毛になった人の中にも
“モテる人”が存在します。

もし今ハゲてなかったとしても、
いつ何時禿げ上がるか分かりませんので
ぜひ頭の片隅にでも置いておいてください。

ハゲてもモテる人の特徴

どれだけ顔面が整ったハンサムな人でも
髪が薄かったら、それでおしまい
みたいなところがありますが

これからピックアップした特徴は
顔面の要素を抜きにした
メンタル的なことが中心になっています。

つまり、誰でも真似しようと思ったら
今日この瞬間から真似できること、です。

顔面は整形しなければよくならないし
植毛やカツラは時間とお金がかかります。

①堂々としている

shigaisen000髪の毛が少ないことを自覚すると
自分の意識の大部分は髪の毛に注がれ
セットした髪が1mmでもズレると
敏感に反応し、心配してしまいます。

 

「髪薄いのバレてないだろうか」
「今のレジの人、絶対はげてるとこ見てた」

とか、余計なことに
神経をすり減らすようになります。

 

haegiwa00ハゲに対する対応・対策として
【薄い部分を隠そうとする】
というのが共通してますが、これがダメ。

お笑い芸人や俳優に多いですが
人気のある人ってのは

  • ハゲを笑いに変えられる人
  • 堂々としている人

薄毛がバカにされがちなのは
薄い所を隠そうとする「悪あがき感」が
一つの原因なのではないでしょうか。

 

堂々としている人は
髪に固執してる雰囲気がまるでない。

芸人だったら→おもしろい
俳優だったら→演技力すごい

みたいな、人に胸はってアピールできる
スペシャルなものを持っている人は
堂々としています。

 

例えば、一般人の場合だと
筋トレしてムキムキのボディを手に入れたら
ハゲていたとしても髪型について目が行かないでしょう。

ハゲをネタにできる、イジらせる
くらいの人は、完全に持てますね。

②ハゲが目立たない髪型に最適化

バーコードはげとか、カツラとか

明らかにハゲ上がっているのに
必死で隠そうとしてる人っていますよね。

隠れてると思ってるのは本人だけで
気づく人は気づきます。

特にカツラなんかは、
顔も名前も知らない通りすがりの人でさえ
「あ、カツラだ」と気づきますからね。

 

伸ばして被せるのも目立つので、逆効果。

kusege02薄毛の状態でも、
カッコいい雰囲気が出る髪型は”短髪”です。

薄くなってる部分が多ければ、
剃ってしまったほうがいい。

ハリウッドスターなんかは典型的な例です。

坊主くらいの短髪だと、清潔感があります。

また、明るめのカラーをすると目立たなくなります。

短髪だと、帽子が似合うようになるので
いろんな帽子を被ったオシャレができるようになります。

まとめ

nukege000ハゲててもモテる人とそうでない人との
大きな差は【中身】。

薄くなった頭を最適化させるかどうか、
というのも心が決めることですからね。

頭がハゲるのは仕方ないけど
ココロまでハゲてしまうと、
どうしようもないですからね。

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントする

*