結婚式でもOKなフォーマル長髪の条件。ダメなロン毛とは?

long_h00ここ数年、メンズヘアのブームになっている
ネオ七三分けのヘアスタイルですが

一定数いるんですよね。長髪が。

スーツを着る仕事出ない場合や
アパレルなどのファッション関係、
もしくは裏方の職業など、
髪型は自由な場合も少なくありません。

普段スーツを着ない長髪派の人が
頭を悩ませるのがフォーマルな場面。

その典型が結婚式です。

スポンサーリンク

 

髪を切れば全て解決するのですが
結婚式に呼ばれたぐらいで髪を切りたくありません。

というのも、僕が今長い状態なので。

 

結べる長さまで伸ばすのに
一体どんだけ時間かかってるのか
知ってほしいところですが

時代的にも、長髪・ロン毛は弱い立場にあります。

 

結婚式などのフォーマルな場面でも
肩身がせまくならないようにするためには
フォーマルな長髪にすればいいんです。

今回の記事で紹介するのは、この2つ。

①結婚式でもOKな長髪の条件
②ダメなロン毛のポイント

スポンサーリンク

 

結婚式でもOKな長髪の条件

longe15結婚式に出席する場合、服装はスーツになります。

スーツに似合う長髪というと、髪を縛ること。

結べるくらいの長さがあれば、
髪を下ろすのは絶対にNGです。

(結べない中途ハンパな長さだと辛いんですが)

 

髪を結ぶことで、垂れた髪の毛がまとまり
でこ・耳・首周りがスッキリと見せることができます。

中途半端な長さの髪型よりも
結んだ長髪の方が清潔感があります。

long_h01スーツの着こなしとして、
シャツやジャケットの襟周りに
髪の毛がかからないのが理想なので

長髪→ゴムで結ぶ。

超シンプルなことですが、
びっくりするくらい印象が変わるので。

 

束ねた髪の毛から、毛がハネないように
ワックスやジェルで、ハネそうな部分を
ビターっと抑えておくのがオススメです。

長髪でスーツを着るなら清潔感が命。

ダメなロン毛のポイント

ロン毛には2種類の人がいます。

オシャレでロン毛にしている人は
身だしなみを気にする人なので
全く問題ないと思います。

しかし、切るのがめんどくさくて
伸ばし続けた結果、ロン毛になった人は
“清潔感”という感覚がない場合が多いです。

披露宴では食事もするので、
その場で、ダラーンと髪の毛を垂らしたままだと
不潔感を漂わせてしまいます。

long_h02無意識に髪をかきあげたり、
垂れた髪を耳にかけたりしますが
その仕草そのものが、周囲に不快感を与えことになります。

ロン毛でダメなポイントは
【清潔感が感じられないこと全て】

long_h03長い髪は、垂れないように結んでまとめること。

襟足や側頭部など、跳ねそうなところに
整髪料を使ってセットすること。

長過ぎる場合は適度に切ること。

茶髪よりも、黒い方がベターです。

茶髪のロン毛って、、、、(-_-;)

似合ってればいいですが、
日本人で茶髪のロンゲが似合う人って
存在するのでしょうか。

顔面偏差値の高いタレントか
海外のハリウッド・スター以外いないでしょう。

フォーマル長髪はオシャレだけど・・・

longe000結婚式には、友人だけでなく
新郎新婦の会社の偉い人、家族、親族など
色んな人が参加します。

長髪に対して、嫌悪感を抱く年齢層からすると
「なんだアイツは(怒)」感が半端じゃない。

せっかくのお祝いの場面で、
周りに不快感を与えないためにも
最低限やるべきことはやりましょう。

       1/4 次のページ>>

このカテゴリの人気記事TOP10

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントする

*